じわじわ味覚障害

抗がん剤タキソールの副作用がいままでのところ、予想していたより軽くて助かっているのですが、ついに味覚障害がでてきたみたい。 口の中がいつもなんとなく甘いような酸っぱいような嫌な感じ。

7回目の投与翌日、朝食にフランスパンを食べたら「ゲーッ、マズ~ッ! なにこれ!?」。 なんの味もしない上に、パサパサした生地が唾液をすべて吸いとってしまうような不快感が。 フランスパンが好きなのに。 この調子ではパサパサした口当たりのもの、例えばスポンジケーキやカステラもたぶんダメ。 バターも食べたくない。 蜂蜜をちょこっとなめたら、これが最悪! 口の中全体にベターッとした嫌な感触が広がって。 中毒かと思うほど1日何杯も飲んでいる紅茶も味がしないし、胃に重い(涙)。 結局、食塩無添加のトマトジュース(これはとても美味しく感じる)、薄いトースト(サンドイッチ用)をカリカリに焼いてカテージチーズをつけて毎日食べてます。

それ以来、何を食べるのも「これは美味しく感じますように」と祈るような気持ちでこわごわ口にするようになってしまいました。 大好きな甘いものはまだ味がしていて、それだけでもウレシイんだけど、チョコレートは口どけの感じが気持ち悪い(ガックリ)し、スポンジ系も食感で×。 クリーム系のケーキもダメかもしれない。 あ~なにがなんだか…。

醤油味がとても嫌で(ふだんは大好き)、佃煮がすごくまずい。 うどんはツルツルした喉ごしで美味しく食べられたのに、後味が微妙…(ちゃんと昆布と煮干しで出汁とったのに)。 和食系でこれから何をどう作ったらいいのか悩ましいところ。 でも不思議なことに昆布出汁や素材そのものの味はわかるので、なるべくしっかりきっちり出汁をとって(化学調味料だとまずく感じることもあるらしい)、なるべく醤油を使わず塩味だけでひたすら薄味にするように心がけることにしました。


抗がん剤で常にボーッとしている頭を悩ませながら、日曜日の夕食は洋食に。 

6.8洋風の夕食

鶏肉とジャガイモ・ブロッコリーのシードル煮込み、ナス・ピーマン・赤ピーマン・新タマネギ・ニンジン・セロリ・生トマト・トマト缶でラタトゥユ、アスパラガスにクルミ入りカッテージチーズ和え(塩・黒胡椒・オリーブオイルで味つけ)。

前日から「食欲が全然ない」という母でも食べられるような、あっさり系で野菜はたっぷり、良質のたんぱく質もほどほど摂取できるように工夫。 鶏肉が少なかった分(買い置きがこれしかなかった)、サラダにカッテージチーズを使ってみました。 酸っぱい味つけは大丈夫みたい。 和食にはポン酢がいいかも。 美味しく食べられるものを探してみよう。 料理を作ることがいまの私にとって唯一のクリエイティブなことなんだし。

でも、やっぱりあれもこれも美味しくなくて以前ほどバクバク食べることができず、結果、いつもお腹ペコペコ。 食いしん坊には辛い副作用です。 途中で味覚障害の副作用が消えることはないのかな?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する