元気に顔を揃えられて

先週の土曜日、兄と兄嫁の法事をしました。 和尚さんに自宅に来ていただくつもりでしたが、抗がん剤治療中の私&腰椎圧迫骨折の母ではとても準備ができそうもなくて、本堂をお借りしました。 お堂の開け放した障子の向こうには、したたるような若い緑。 磨きこんだ床にも緑が映って一幅の絵のようでした。 姪たち3人もひさびさに京都で顔を揃えられて、本当によかった。

とはいっても、姪たちにとって両親の法事なのに、いつまで経ってもお客さん気分(アラサーなんだからもうちょっと気働きして欲しい)。 今回は私が人混みに出かけられないので、お供えのお菓子の買い物やお墓の掃除を「やって!」と頼みました。 「はいはい、お掃除するよ。なんでも用事いってね」と気のいい返事をしてくれるものの、当日のお墓の掃除には遅刻。 「駅を降りてから方向を間違えちゃって」って…う~む。 こんな嫁だったら腹立つだろうな(笑)。

6.24白の紫陽花

法事の後は家族6人でランチ。 味覚障害で生ものダメなので、どこへ行くか悩みに悩んで中華料理へ。 あっさりした広東料理がとても美味しくて、結局みんなと同じようにバクバク。 姪たちと楽しくワイワイしゃべりながら食べたから、よけいに美味しく感じたのかもしれません。 耳が遠い両親も元気な孫といっぱいおしゃべりできてご機嫌で、脳がものすごく活性化されたと思います。 3人娘はランチ後、慌ただしく東京へ帰っていきました。 気はきかないけど、みんな元気で笑顔でいてくれたらよしとしましょう。

6.24白のホタルブクロ

食べることが大好きだった兄夫婦ですから、みんなで賑やかに会食したことを喜んでくれたと思います。


わが家の庭では、兄が好きだった紫陽花が色とりどりに咲いています。 真っ白な紫陽花は、真ん中を淡い水色のボタンで留めたみたい。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する