FECの副作用 私の場合

FECの点滴から丸2週間が経ちました。 胃腸の不快感が消えて、なんでもバクバク美味しく食べています! タキソールのジワジワしつこく続く味覚障害と違って、FECは胃の気持ち悪さが消えると、味覚障害も一気に抜ける感じ。 それだけでも助かります。

薬で破壊された粘膜細胞などが一刻も早く修復されるように、良質のたんぱく質+野菜をたくさんとれるメニューを冷蔵庫の中身と相談しつつ考えて、毎日がんばって料理してます。 人の身体をつくっているのは毎日の食事だと思っているので。

それにしても、人間は不快な身体症状については忘れるようにできているらしく、あんなに苦しかったのに、いまでは記憶もおぼろげ。 次回の点滴への心構えのため、とりあえず備忘録としてメモしておきます。

【FECの副作用】

■吐き気・嘔吐
投与3時間後くらいから、吐き気がかなり強くでる。 吐きそうですごく気持ち悪いけれど、実際に吐くことは一度もなかった。 当日就寝前から翌日昼頃まで、吐き気止めの点滴を受ける。
翌日の午後には吐き気がかなりおさまったので「このまま終わるかも」と期待したが、3日目はずっと吐き気が強くでて、食事をとることどころか、水など飲料を飲むのも困難。 4日目午後に吐き気が軽くなり、5日目はほんの少しある程度。 6日目以降、吐き気は消えた。

■胃の不快感
6日目まで強い胃もたれのようなムカムカした胃の気持ち悪さがずっと続く。 吐き気が軽減しても胃の気持ち悪さはなくならず、飢餓状態に陥っても少量ずつしか食べることができなかったのが辛かった。

■下痢・便秘
タキソールでひどい便秘になったので、便秘に備えて前日昼からマグミットを服用しておいたら、点滴後に下痢(危機感をもつほどの下痢でもない)。 点滴後6日目までは便通なしか少し下痢。 あまり食べられなかったので、でるものもなかったのか便秘という感じではなかった。 13日目・14日目に軟便になったのは骨髄抑制の影響か。

■口内炎
経験者のブログを参考に点滴中に氷をなめ続けたためか、こまめに歯磨きをしたり、口をたびたびゆすいで口腔内の乾燥を防いだりしたためか、口内炎にはならなかった。
(27日追記)口内炎にならなかったと安心した途端に、唇の裏をかんでしまって、その後ほかの場所も口内炎に。 同時に舌の横も荒れ、さらに舌の裏にみたことのないような白い突起が出現。 病院に確認してケナログを塗っていますが、4日経っても治っていません。 痛い(涙)。 

■発疹
6日目から胸や顔・頭にニキビのような赤い発疹がでる。 13日目くらいに炎症が治まってきた。

■身体のだるさ
点滴後からずっと身体がだるさが続いて、1週間は料理など最低限の家事以外の時間はほぼ寝たきり状態。 横になっていれば辛くないが、だるすぎて起きていられない。 眠れるわけでもなく、ただひたすら布団の上でのびているという感じ。 1週間が過ぎた頃から、だるいながらも午後に1時間ほど横になる以外は、ずっと起きて普通通りに家事がこなせるように。

■発熱
14日目現在まで、なし。

■脱毛
14日目の夜、シャワーで二度目の脱毛体験。 タキソールでごっそり抜けてうっすら残っている程度だったのに、まだこんなに抜ける髪の毛があったのかと驚くほど抜けた。 ウィークリータキソール最終回からFEC初回までの3週間ほどの休薬期間に、生えかかっていた髪の毛の元(?)もまた全部抜けるのだろうか(涙)。

■その他
点滴当日の夜、両脚に絞られるような強いしびれを感じて、処方されたしびれ止めの薬を服用。 吐き気を我慢して過呼吸になったために起きたのか副作用だったのかは不明。
6日目~10日目に唇が激しく乾燥して、いくらリップクリームを塗ってもボロボロ皮がむけてきたことが地味に苦痛だった。
8日目頃~14日目頃まで、1時間以上立って料理していると両脚にジワジワしびれを感じた。


ものすごくムカムカして気持ち悪いながらも、点滴2日目(退院した日)以外は家族のために晩ご飯はつくれました(かなり必死の努力が必要だったけれど)。

点滴の1週間後から2週間までは骨髄抑制の期間ということで、通常の生活は送りつつも安静を心がけました。 少し息切れしたくらいで発熱もせず、14日目を迎えられてホッとしました。
Category: 抗がん剤FEC

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する