苦しくない時も神頼み

締切ギリギリにならないように、私にしては珍しくさっさとテープ起こし作業を済ませたのに、結局は締切前夜は深夜までパソコンにかじりつき、当日になってもまだ必死必死。 で、脳内の興奮物質が出過ぎたらしく、また不眠。 こんな負のスパイラルに陥らないように、夜に仕事をするのは控えないとダメだなと反省しました。

昨日はひさびさに野菜&たんぱく質の食材を買いこみにおつかいに行って、ちゃちゃっと掃除(さぼっている間にリビングも寝室もホコリだらけ!)。 あとは締切後の開放感で、ボーッとしている間に一日が終わってしまいました。

今日は気合いを入れて(ダラッとしていると寒さに負けて行きそびれそうだから)、朝から狸谷へ。

1.28狸谷初不動

去年は手術目前で「がん封じ」におすがりしたくて、初めて行った狸谷の初不動。 今年は初発の治療が無事に終わった御礼参りと再発しないことを祈願するため、再びなんだ坂こんな坂なすごい急坂&250段の石段を登ってお参りしてきました。 老若男女が次々に黙々とお堂へと登っていかれます。 観光客的な好奇心や物見遊山な感じの人は少なくて、かなり本気度が高い雰囲気です。

1.28狸谷

本堂にたどり着いた頃から雪が舞い始めました。 今日はほんとうに寒い!

手術と抗がん剤治療で1年近く運動不足だった身体には、急坂と急な石段がかなりこたえました。 それでも、途中で立ち止まってヒーヒーいうほどではなくて、私の身体はまだ大丈夫だと実感できてホッとしました。 笹酒はほんの一口だけ。 山伏の方から注いでいただきました。

真言宗の加持祈祷に山伏のほら貝と大太鼓付き。 身体の中の悪いものを追い出してくれそうな太鼓の響き。 今年は早めに行って真正面に立っていたので、護摩を焚く炎の向こうに安置された不動明王とずっと目が合っている感じがしました。 タイトルに「神頼み」と書いたけど「仏頼み」か。 不動明王は神なのか仏なのか?? 毎月3日・16日・28日に護摩木祈願祭があるそうなので、それに合わせて運動がてらまた行ってみようかな。

狸谷は梨木香歩の『家守綺譚』でゴローがタヌキを送っていったところ。 大好きな小説に登場しているのを知ってい以来、前よりもぐっと親近感が増しました。


1.28橙畑

狸谷に向かう途中に橙(?)畑があって、ちらっとみえた比叡山には雪雲がかかっていくところでした。 垣根の向こうに見事に花を咲かせているロウバイに気がついて

1.28ロウバイ

近寄っていって、満開のロウバイの下でクンクン。 うーん、いい香り。 しばし、うっとり。 うちで種から育てているロウバイはいったいいつになったら花を咲かせるのかなあ。


往復ともに歩いたので、今日は運動バッチリできて、いい気分転換になりました。 神社仏閣にお参りするのって、こういう効能もあるんでしょうね。


■たくさんの拍手をありがとうございます! 以前やっていた仕事に復帰しました。 お会いしている方々(常に初対面が多数)がどのくらい私のヅラに違和感を感じておられるのかはわかりませんが、みなさん、大人なのでまったく普通に接していただいています。

■ぎんこさん いつもコメントをありがとうございます。 ケモブレインもだいぶ抜けてきたので、本もまたぼちぼち読めそうです。 ぎんこさんのおすすめ本、また教えてくださいね。

■べにびっちさん 拍手コメントをありがとうございます。 ご心配をおかけしました。 ようやく本格的に復活できそうです。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する