狸谷山節分祭

運動不足解消を兼ねて、3日の節分には再び狸谷へ。 母になんだかんだと話しかけられて相手をしている間に、でかけようとしていた時間を過ぎてしまって大慌て。 せっかく行くなら豆まきに間に合いたい。 すんごい早足で歩きましたよ。 急坂も急な階段も一気に歩いて上がったら、40分ほどで本堂に到着。 自己新記録だわ、ビックリ。 本堂にたどり着いた時には背中に汗が流れるくらい、身体ポカポカに暖まりました。 とってもいい運動になって、それだけでも満足。

2.3狸谷節分 2.3狸谷節分2

お経が始まる少し前に着くと、この日は誰でも内陣に座っていいようだったので最後に空いていた隅っこに着座。 横の方からは護摩木を焚く儀式がとてもよくみえて興味深かったです。 真言宗だから、たぶん平安時代もおおよそ似たような作法で天皇の病気平癒とか国家安寧みたいなことを祈願していたんだろうなと思うと、洗練された禅宗とは違った「祈る」という人間の本質に根ざした強さを感じました。 がんになってから、宗教に対する気持ちが少し変わった気がします…うまくいえないけれど。

豆まきは読経の後で。 豆まき体験は初めて。 まわりのおばさま方は持参した紙袋を開いてやる気満々(笑)で、鈍くさい私には何もあたらないかもと心配しましたが、福男・福女・山伏のみなさんがいっぱいまいてくれて、私も福をたくさん分けていただけました。 なんと、みんなが欲しがっていた当たりの福豆が目の前にポトンと落ちてきました。 人数がそれほど多くないから、結構のんびりしていても大丈夫みたいです。

2.3狸谷節分3

福豆は家族の人数分だけ3つ買いました。 中に券が入っていて(ハズレはないんですって)、ティッシュ・カレー名人のソース・赤穂の天塩でした。 ここの賞品はすっごく実用的なもの。 でも、すぐに使えるものばかりでうれしい。 豆まきで当たった緑の福豆でいただけたのは生八ッ橋でした。

「今年まいた福豆は新豆で特に美味しいんですよ」と紹介されていましたが(お豆やさんが福男にいらっしゃって米寿のお祝いだったそうです)、後味にほのかに甘みがあって本当に美味しかったです。 いつもは歳の数だけ食べるのがしんどいといっている母も今年はパクパク。 夕食後に88個ペロッと食べましたよ、スゴイな。

2.3夕食

晩ご飯は、昨日吉田神社で買ってきた酒粕をつかって豆乳粕汁(豚肉・大根・ごぼう・にんじん・しいたけ・三度豆入り)。 十六穀米のご飯、れんこんのソテー、小松菜の炒めもの。 今日は豆をいっぱい摂取できて、身体のためにいい一日が過ごせました。

■いつも拍手をありがとうございます。

■名なしさんもたねや、お好きですか?

Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する