手術から1年 食欲モリモリ元気です

2月12日、乳がんの手術から丸1年が経ちました。 いまはまず抗がん剤治療をしてから乳房温存手術をすることが多いようですが、私は手術をしてから抗がん剤だったので、手術は治療の第一歩にすぎませんでした。 胸を失ったショックで精神的にヨレヨレだったなあ、1年前の私。

治療が終わったいま、(片乳&坊主頭ではあっても)すっかり元通りの生活です。 抗がん剤の副作用で味覚障害になったり激しい吐き気に襲われたりしたから、なんでも美味しく食べられるのが何よりうれしいです。


今日はバレンタインデー。 今年はしっかりチョコを堪能しました。

2.14バレンタインのチョコ

サクランボ型のは母が父にプレゼントしたドイツのチョコ、Mさんからもらった「菓子職人」の抹茶生チョコレート、白いのは私が父に贈った「エキュバランス」のシャンパンショコラ。 父にあげる、という名目で、結局は自分たちでふだんは買わないようなちょっと高級なチョコを食べるチャンス(笑)。 抹茶のチョコは抹茶を一服いただいたような満足感。 ごちそうさま、ありがとう。


チョコとは別に、今日は時間があったのでこんなおやつを作って食べました。

2.14リンゴのキャラメリゼ

温かいリンゴのキャラメリゼ(ラム酒風味)とバニラアイスクリーム…ああ、美味♪

今年のわが家はリンゴブーム(?)。 2回も箱買いしたので、いろいろ工夫して楽しみ中。 3日ほど前はリンゴのジャムを煮て、それをトーストにのせてバター・シナモン・クルミを添えて。 おやつみたいな朝食になりました。

2.11リンゴのトースト

美味しそうで写真を撮る前にかじりついちゃった(笑)。 クルミを添えるとぐっといい!


最近美味しかった晩ご飯は

2.12リゾット

鶏胸肉とキノコ(しめじ・しいたけ・エリンギ)・ほうれん草のリゾット、ブロッコリー・キャベツ・パプリカの温サラダ(オリーブのみじん切り入りドレッシング)、鶏のゆで汁をつかった蕪のスープ。


今日は「きょうの料理ビギナーズ」(いつまでたっても初心者マークな私)に載っていた豆乳の湯豆腐。 

2.14豆乳湯豆腐

豆乳と豆腐の組み合わせは豆腐の味わいが深くなってそれだけでも美味しいのですが、昆布&干ししいたけの出汁にして、薬味として大葉と白ねぎをどっさり添えてポン酢を垂らしたら、予想以上に美味しかった! 油揚げと蕪も入れたからか驚くほど満腹感もあって、老親にも大好評。 またリピートしたいレシピです。 あとは十六穀米・菜の花のからし酢醤油和え・かぼちゃの煮物。


めったに料理の感想をいわない父が「最近、ほんとに料理がうまくなったね」といってくれました。 特別なご馳走ではないけれど、みんなで一食一食を美味しく食べられる幸せをかみしめています。 もしも、いま乳がん治療中の方が読んでいらっしゃったら、大丈夫ですよ、治療が終わればまた平穏な日常が返ってきます。 それまでがんばって!


■いつも拍手をありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する