理屈抜きで笑顔になれる 「ネコライオン」展@美術館えき京都

昨日、チケットをもらっていた岩合光昭写真展「ネコライオン」に母を誘って行ってきました。 会期は2月22日(日)まで。

「ネコは小さなライオンだ。ライオンは大きなネコだ。」というキャッチフレーズの通り、猫とライオンが同じようなポーズをとっているところを並べて展示。 とはいっても、特に深い意味はなさそうだけれど。 かわいいから、それだけでいいの!(笑) 平日の午後、会場はおばさま方でいっぱい。 でも、驚くほど大きいパネルプリントなので、混んでいて見えないストレスはあまりありません。 かわいい猫とライオンの写真を眺めていると、いつのまにか自然にニコニコ笑顔になっていました。 それにしても子ライオンの無防備な愛らしさといったら! 動物好き・ネコ好き、和みたい方はぜひ! 

2.18ネコライオン展


会場に行けない方はコチラでどうぞ。 展示されていた写真がたくさんみられます。

私が一番気に入ったのは漁の網ごと魚に食いついている黒白ネコ。 あの執念のこもった必死な目、笑っちゃいました。


3月下旬には大丸でも岩合さんのネコの写真展があるようですよ。

3月25日(水)~4月6日(月) 「ねこ歩き」展@大丸ミュージアム京都

リンク先ではいくつか写真をみることができるので、ネコ好きの方はのぞいてみて…って、私は本来、犬派なんですけどね(笑)。 犬派でもNHK BSの「世界ねこ歩き」は大好きな番組。 抗がん剤の副作用でものすごくしんどかった時、BSで放送があるのがとてもとても楽しみでした。 DVDを買おうと思ったくらい(うちにはDVDプレイヤーがないのに→ねこ歩きをみるために買おうとかなり本気でした)。
Category: 展覧会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する