いろいろあるけれど

私の仕事は儲からない(断言)。 そして、とても地味な裏方。 儲かりようがないとわかっていて、それでもやっているのは今の仕事が好きだから。 非常に非社交的な私が、自分では決して巡りあえないような未知の人や世界に出会えるチャンスを仕事が与えてくれるから。

今日は、儲からないついでに(巻きこまれるような形で)、いわゆる手弁当で遠方まででかけて仕事関係者のお手伝いをすることに。 別に自主的にやりたいわけではないのだけれど。 それでも、昨年一年間の閉塞感の後では、そういう風なお付き合いもまた大切なことなのかもしれないという気がして。


3.15湖北の風景

せっかくだから、ちょっとだけ早めに現地に着いて周辺を散歩しました。 いまひとつのお天気でしたが、琵琶湖岸にでると湖北の山並みが意外にもきれいに見渡せて、ちょっと得した気分。 スカッと青空ではない、こういう冬の曇天の無彩色の琵琶湖も実はなかなかいいのです。

3.15湖北の風景2

湖北の山はまだまだ雪。

3.15オオイヌノフグリ

でも、足元にはもうオオイヌノフグリが咲いていて、青空のような小さな花の色にしばらく見とれてボーッ。


仕事が終わって外を見ると

3.15湖北の夕暮れ

遠くに竹生島の島影がみえて、幾重にも重なった山のシルエットがきれい。 広々とした風景をみられただけでも、やっぱり家から出てきてよかった。


昨日、急にアクセスが増えて「?」だったのですが、ずっと以前に感想を書いた本の著者(すっかり忘れていた)が殺人事件で逮捕!? 驚きすぎて…。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する