抗がん剤終了から5ヶ月

最後の抗がん剤投与から丸5ヶ月が経ちました。 髪の毛がまだ短すぎること以外、もうほとんど手術・治療の影響を感じることはありません。

ウィークリータキソールの点滴を受けていたときは副作用で手足に弱い痺れや倦怠感があって、包丁を握ったり、ものをつかんだり、ずっと立っているのが辛かったこともありました。 今も、いつも前腕がなんとなくだるいような気がしないわけでもない(ややこしい表現ですよね)けれど、包丁を使うなどは問題なし。 かかとから足の裏全体にあった弱い痺れは、抗がん剤治療中に毎日お風呂の中で自己流でもんだのがよかったのか、今はまったくありません。 お風呂の中で足裏や指をよくもむと全身の血行がよくなる気がするので、今も毎日欠かさずもんでいます。

3.20桜の蕾ふくらむ

抗がん剤点滴で炎症を起こしてカチカチになった静脈は、相変わらず赤黒くて皮膚の表面より少し陥没しています(戻るまでには3年、あるいは5年くらいかかるんだそうです)。 抗がん剤が終わった直後は血管に伸縮性がなくて、腕を伸ばすと引っぱられたような痛みというか違和感がありましたが、それも今はほとんど感じません。 冷えると痛むような気がするので、なるべく冷やさないようにちょっとだけ意識している程度(特に保温したり揉んだりはしていません)。 術側のわきのリンパ節は腫れていたため3分の1だけ切除されたのですが(病理検査の結果、わきのリンパに転移はみつからず)、主治医に尋ねたところ「取ったのは3分の1だけだから、浮腫になることはまずありません!」と言い切ってもらって、あまり気にしないことにしました。 日焼けも日常生活程度なら気にしなくてもいいとのことで、日傘ももう使っていません。

3.20白木蓮も開花間近

体力的にももう大丈夫。 ケモブレインでボーッとしていた状態からぬけだし、集中力も戻ってきました。 いくぶん疲れやすいですが、丸1年家に籠もりっきりだったのだから当然だと思っています。 気になるのは、眠りが浅いこと(1時間に1回目が覚めてしまう)と以前よりも耳鳴りが強くなったことぐらい。 睡眠導入剤がなくてもまあ眠れているし、気にしても治るものでもないし、あまり気にしないようにしています。

3.20レンギョウ


昨夏、バーゲンが終わる頃に買った春夏向きのメッシュのバレエシューズ。

3.20バレエシューズ

買ったものの、結局FECの副作用がきつくて出歩くどころではなくて、履かないまましまいこんでたのを引っぱりだしてきました。 治療をしていたときは、あまりにも副作用が辛くて「来年、私は本当にこの靴を履いてでかけることができるんだろうか」と悲観的になって、買ったことを後悔していたけれど。 そんなこと、もう遠い遠い日のことのようです。

暖かい陽気に誘われて、おつかいのついでちょっとお散歩。 哲学の道の桜は蕾がプクップク、今にも咲きそうだけど、まだ1輪も咲いていませんでした。 白木蓮は蕾の中から花びらの白がみえかけています。 楽しみだな。 わが家の連翹(レンギョウ)はまだ咲いていないのに、近所ではもう満開のところも。

京都市内でも、もう桜が咲いているところもあるとか。 来週半ばには開花しそうです。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/23 (Mon) 02:30 | # | | 編集
Re: 白木蓮

indigoさん

いつもうれしいコメントをありがとうございます!

次々に花が咲いて一気に草木が芽吹いて、春はなんだか気ぜわしいんですよね。

疲れがたまっているときは無理にがんばらなくていいんですよ。
体力が回復すれば気力もでてきますから、まずは身体を休めてくださいね。
その反面、ささいなことがおっくうで、ついつい後回しにしていると、よけいにプレッシャーになって…やってしまえば気持ちがスッキリして「なんだ、もっとサッサとすればよかった!」と思うこともあるので、その塩梅がむずかしいですよねぇ。


> 木蓮~私は花も名前の響きも字も大好きなんです。

木蓮っていいですね。 大人になってわかってきました。 indigoさんのところでも、そろそろ咲き始めたかな。


> ぽかぽか陽気に笑う花に元気貰います!よね^^

うんうん、花と一緒に笑いましょう! 口角を上げるだけでも気持ちが上向くそうですから。

2015/03/26 (Thu) 23:02 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する