ほっとなごめる写真展 「ねこ歩き」展@京都大丸

岩合光昭の写真展「ねこ歩き」のチケットをもらってラッキー♪ ねこ派じゃなくて犬派なんだけれど、NHK-BSの「世界ねこ歩き」が大好きなんです。 見逃してはいけないとカレンダーをみたら

3.30ねこ歩き展2

4月はちょうど黒猫ちゃん。 チケットもネコの形に切り抜いてあって、なかなか凝ったデザインだったので一緒にパチリ。 母もぜひみたいというので、土曜日に一緒に行ってきました。

このカレンダー、月ごとに動物とか灯台・モミの木など、いろいろかわいいポップアップがついているんです。 昨年末はまだあまり人混みにでかけたくなくて、新年が明けたらボロボロのサンプルみたいなカレンダーしか残ってなくて買いそびれていました。 やっと3月半ばになって、半額でゲット(遅ッ!)。


3.30ねこ歩き展

驚くほど大きくプリントされた個性豊かで表情いろいろな猫たち。 かわいいのもいれば、チケットのみたいにふてぶてしいやつもいて。 ただかわいいだけじゃないのがいいんですよね。 美ネコじゃないようなネコの方が味があって、ポストカードをいろいろ買ってしまいました(写っている以外にも)。 一番印象的なのは、やっぱりポスターにもなっている桜の木に足を伸ばしている「にゃんきっちゃん」の真剣な表情。 いや~たまらないわ、こういうの。

会場はかなり混んでいましたが、とにかく写真が大きいし、展示点数が多いから、あまりストレスなくみられました。 見応えもたっぷり。 老若男女がそれぞれ楽しそうにみていて、会場の雰囲気がとっても和やかなのも◎。

ものすごく大きくプリントしても、ネコの毛の一筋一筋までピントが合っていて、すごい(プロだから当然だけど)。 歩いているネコと、その背景のものすごく広い風景のすみずみまでほぼ全ピンなのもあって(砂漠の中の町とか)、どうやったらこんな風に撮れるのかなあと、そういう興味もひかれました。 カメラもだけどレンズが相当いいんだろうな、などと考えたり。 そういう人向けに(笑)ちゃんとメーカーとタイアップしていて、最後にオリンパスのカメラの紹介コーナーがありました。 オリンパスって一眼レフから撤退したんじゃなかったの? 


同じ日にもう一つみた展覧会はまた別の機会に(そればっかり)。 こちらは知る人しか知らないマニアック路線。


若冲もだいたいみたものばかりだろうなと思いつつ、「伊藤若冲と琳派の世界展」@相国寺もぜひみたい。

3.30若冲と琳派展
Category: 展覧会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する