くじゅう連山を望む高原へ

5月下旬、「自然に囲まれていて広々とした眺めのいい温泉でゆっくりしたい!」とあれこれ迷った末に選んだ旅先は、くじゅう連山の北側にある長者原でした。 標高1000メートルのところ。 父の米寿祝いと私の闘病終了を兼ねて、本当にひさしぶりの温泉です。

5.30レストラン棟から

着いた日の夜は暴風雨なみの大荒れの天気。 たたきつける雨と風のうなりが怖いほどでしたが、一夜明けたら快晴に! 朝食に行ったレストラン棟からも、緑いっぱいのタデ原湿原が見えてテンション急上昇。

5.30レストラン棟

宿のレストラン棟はこんな感じ。 宿の建物はすべて周囲の自然景観を害さないように配慮されていて、自然好きには好印象です。

5.30三俣山

最高の青空に誘われて、レストラン棟から見えていたタデ原湿原へ。 ラムサール条約に登録されている湿原だそうです。 三俣山がきれい! 湿原内は木道があって、1周40分ほどで回れるコースになっています。 足腰が痛いといっていた母も、あまりにも気持ちのいい風景を前にして突如、歩く気満々になりました。

5.30長者原湿原2

お天気がよくて新緑が発光しているみたい。 緑の中で深呼吸したら、心身が浄化された感じ♪

自分一人だったら、森の中を歩く60分コースに行きたかったなあ。 いや、ホントは峠を越えて坊ガツル湿原まで行くハイキングコースを歩きたかったな。 高齢の両親が転んだりしたら危ないので付き添わないといけないから、自由行動したい気持ちをグッと我慢しました。

5.30長者原湿原

三俣山の右側、ガレ場になっているところは活火山の硫黄山。 ときどき小さな白い煙が出ていました。 最近、あちこち地震や火山が不穏だから、あそこが爆発したら、この湿原直撃だな…と怖いことがチラッと脳裏をかすめたりして。 火山としてはもう終わりに近いんだそうですが。

5.30長者原湿原3

右手奥に小さな白い噴煙が見えているところには地熱発電所があるらしい。 やっぱり阿蘇山一帯は火山活動してるんですねえ。 そのおかげで本物の熱い温泉が湧いているんですものね。

5.30長者原の新緑

標高1000メートルもあるから、5月下旬でもまだ芽吹いたばかりの若い若い緑。 目に心地いい。

5.30ハルキキョウ

湿原は花の端境期でほとんど何も咲いていなかったのですが、ハルキキョウがところどころに咲いていて大喜びでパシャパシャいっぱい写真を撮りまくる母&私。 でも後でわかったことなのですが、実は宿の敷地内の方が群生していました(苦笑)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する