精密検査

明日は、11月に受けた人間ドックの再検査の日。 母娘ともども偶然にも
同じ日に違う病院で検査してもらうことになりました。 子どもの頃から
体調が少し悪いと「尿にタンパクがおりているから再検査」と、よく学校から
病院へ検査に行かされていたから、自分のことは「血尿」といわれても
いまひとつ心配してなかったんだけど、先週末の同窓会で腎臓癌だった
同級生から一部始終を聞かされて、にわかに不安になってきました。

単なる検査を受けたつもりの人に、お医者さんって、その日のうちに
「アナタは癌です」とか言っちゃうんですか~! 信じられない。
自分では体にたいして不安を感じてないのに、あんまりアッサリ「癌です」と
面と向かって言われたから、ショックというのとも違った、ボ~ッとした感じに
なったそうです。 腎臓を1個摘出して、そんな話を笑いながらしているくらい
だから、本人はケロッとしているように見えたけど…でもね、癌だったわけだし
内心の葛藤はどんなだっただろう。
いや~、こんな話は検査後に聞きたかったワ。

0512190043_1.jpg

お口直しの写真は、ドイツの木のおもちゃコレクションの一部。 お気に入りの
鳥さんでまとめてみました。 一番手前は、今回の同行者からのプレゼント。
青い鳥が手紙をくわえてるんですよ。 ありがと、大切にします。
真ん中の女の子は、秋の旅行の際に、ズラーッと並んだシリーズの中から
迷いに迷って選んだ子。 鳥と一緒なのがポイント高し。
後ろのは、近所の雑貨屋さんで買ったモノ。 木を回すとキコキコ鳴って、
鳥を呼び寄せるのだというので、庭に遊びに来たメジロに向かってキコキコ。
「何かな?」という風にキョロキョロしているのがかわいくて、しつこく
鳴らしていたら逃げちゃいました。 やりすぎだったかしら?
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する