太郎坊宮でパワー充電

たしか、去年治療中にたまたまみたBSの地味な旅番組にでてきた、滋賀東近江の太郎坊宮がものすごく気になっていました。 元気になったら行きたいな、あの石段を上がれるくらい元気になりたいなと切実に願いました。 療養中に読んだ梨木香歩の小説「冬虫夏草」にもでてきていたし、行きたい気持ちは募るばかり。

仕事に復帰した後、車の中から遠くに三角形のような急な岩山=太郎坊宮がみえて、時間があったら寄りたいと思いましたが、もちろん仕事移動中のため無理。 車がないとかなり行きにくそうなところで、なかなか行く踏ん切りがつかずに日が過ぎて…。

10日ほど前、ひょんなことから「行きたい」といってくれる友だちがみつかって、前日夜に決行決定。 やった! 石段がものすごいから有酸素運動になるし、近年はパワースポットとしても知られているからパワー充電もできるかも?

10.4近江鉄道

のんびりした超ローカルな近江鉄道にも乗ってみたかったのです。 でも、旅情を感じる間もなく太郎坊宮前駅に到着。

10.4一の鳥居

一の鳥居からみえる太郎坊宮。 遠くからみても気になるんですよ、この山の形。


10.4参道

駅横から参道がまっすぐ伸びています。 田園風景を眺めながらぶらぶら歩き。 桜並木だから春はきれいだろうな。 奥の方にちらっとみえているのが二の鳥居。


10.4二の鳥居

二の鳥居。 山腹にみえる大きな建物は社務所で、本殿は巨岩がむきだしになっているところの下あたり。


10.4石段

石段が始まるところまで、ぶらぶら歩いて15分くらい。 さて。 石段がずーっと続いています…

10.4石段2

まだまだ…

10.4石段3

まだまだ…。

とにかく、ただただ石段で直登。 途中で急に足が重くなって、根性が試されている感じ。

一番下から本殿までは740段あまり。 車の人は中腹の駐車場まで行けるから平気そうだけど、下からだと登山ですよ。

がんばって登ると、突然こんな風景が目の前に


10.4夫婦岩

巨岩がパカッと左右に割れてできた、幅70cmほどの道(後姿は友だち)。 高さ数10mの左右の岩は夫婦岩。 すごい迫力でテンション上がります。 こんな強大な割れ目を歩いたことない!

この岩の間を通って参拝すると「病苦を除き諸願が成就する」そうです。 ご利益ありますように。 この道の向こうに本殿があります。

10.4本殿2

本殿を下からみると、なんとはみ出ている!! こわっ。

本殿にお参りした後、山頂に行きたかったので、石段を少し降りて分岐点から山道へ。 巨岩を眺めながら、すぐそこかと思ったら、結構急な坂を登ってハーハー言いながら山頂に到着。 本殿上の巨岩が山頂ではなくて、フタコブラクダのように後ろにもう一つピークが隠れているんです。



10.4山頂にて

山頂からの風景。 残念、ちょっともやってる。 お山の大将気分を味わいつつ、持参したおにぎり(私はコンビニ、友だちはちゃんと手作り!)で昼食に。 ほんのちょっと山歩きの気分も味わえて、広々した風景を眼下にのんびりできて、山頂まで来てよかった! 「琵琶湖はみえないねえ」などと言っていたのですが、帰ってから地図で確認したら全然別方向だったみたい。

分岐点まで戻って、本殿下からの帰り道が気になったので、もう一度本殿まで登ってから下りました。 結局。1000段は登った気がします。 息がすぐ上がってしまって、やっぱり1年間ひきこもりだった影響は残っているのかなと体力の衰えを感じました。 でも、翌日、思ったほど脚が筋肉痛にならなくてやれやれ。

まったく知らない場所へ行って、驚きの巨岩を眺められて、身体を動かして、とってもリフレッシュできました。 遠足みたいで楽しかった。 Mさん、付き合ってくれてありがとう! 帰ってから「冬虫夏草」の「紫草」のところを読み直しました。 満足。

太郎坊宮へ歩いて行く場合は、お弁当か何か持って行かないと食べるところ、食べるものは皆無なので注意。 かなり大きな神社なのに、参道によくあるお餅屋さんのような茶店も、普通の店も1軒もなかったです。

■たくさんの拍手をありがとうございます。

■とりほさん、おひさしぶりです! コメントをありがとうございます! うれしかったです。 とりほさんはあそこで仕事されているんですね、もちろん知ってますよ、ステキなところ♪ 目の毒なのであまり近づかないようにしているんですけど。 そりゃー、あんなところで仕事していたら、底なしの手芸沼にはまってしまいますよ(笑) また、作品をブログでみせてくださいね。 楽しみにしています。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する