塩漬け(?)毛糸リサイクル計画

先週は琳派展の余韻に浸る間もなく、超特急仕事をなんとかクリアしたり、ノーギャラ仕事で大阪に呼ばれたりして、土曜日はグッタリ放心状態でした。 でも、仕事に対する集中力はずいぶん復活してきた感じ。 急ぎの仕事もあまり苦しまずにこなせるようになってきました。 やれやれです。

しばらく暇そうなので、ぐっと我慢していた編み物を昨日から始めました。

11.10編み物中

無謀にも、苦手なかぎ針編みでカーディガンを編もうとしています。 私が子供だった頃(!)に母が編みかけて、途中で放りだしたピンク×グレーの混じり毛糸を有効活用したくて、白い毛糸を買って2本どりで編むことに。 母の貯蔵品の毛糸は、確かに単体で編むと濁った嫌な色合いになってしまうのですが、白い糸と一緒だとずいぶん明るくなります。

太い毛糸2本どりなのでザクザク編めるため、いい気になって本の編み図を無視して適当な目数で編んで、後ろ身ごろができたところで、形が気に入らずすべてほどきました。 後ろ身ごろを編み直し。 手が遅い私でも1日で後ろ身ごろが編めました。 平らに編むだけなら、まあまあなんとかできそう。 かぎ針編みのはぎ合わせ方を知らないんだけど、なんとかなるかなあ…。


11.10マロニエ 11.10わらび餅

近頃のおいしかったおやつ。 左はエキュバランスのマロニエ。 地味な見かけながら、栗をたっぷり味わえて、かつモンブランのようにヘビーではなくてあっさり。 1度食べた「マロニエ」の栗のおいしさが忘れられず、再度買いました。 うーん、満足。 右は仕事関係者への差し入れついでに、自宅用にも買った高台寺の洛匠の草わらびもち。 伊勢丹のデパ地下でみつけて、ひさびさに食べたけど、やっぱりおいしいなあ。 甘いものを食べるとセロトニンがでるのだとか、テレビでいってました。 セロトニンが不足している私の身体が甘いものを欲しているのね、きっと。 おいしいものを食べると、つかのま幸せな気持になれるから食べ物って大事。


もちろん、おやつ以外の食事もちゃんとたべてます。

11.08卵グラタン

ある日はわが家で大好評の卵グラタン。 ホワイトソースの下に定番のゆで卵・ほうれん草、そして残りものの行者にんにくソーセージを切って入れてみました。 なかなかグッド。 サラダは、母が買ってきた「打ち豆」を玉ねぎ・セロリと一緒にマリネにして、蜂蜜もちょっと入れました。 打ち豆って初めての食材でしたが、大豆だからたんぱく質もあるし、かむとかすかに豆の甘みがあっておもしろいですね。 また何か違った料理に使ってみよう。 よく炒った打ち豆は酒の肴になりそうな味。


11.09ささみ団子

ある日はささみを細かく切って大葉とゆかりと片栗粉を混ぜて団子状にして焼いたもの。 塩を控え目にし過ぎて、味がぼんやりしてしまいました。 ほうれん草の胡麻和え、ズッキーニの塩昆布・オリーブオイル炒め、さつまいものお味噌汁。

11.10サーモンソテー

軽めでいいという父のリクエストがあった日は、サーモンのソテー、シイタケのオリーブオイル焼き、マッシュポテトにドライカレーで残った具をかけて。 サラダは白菜・リンゴ・セロリ・ラデッシュを甘酸っぱい油分なしのドレッシングで和えて、さっぱりと。


と、まあ平穏無事、たいして何もない毎日を送っています。

■いろいろな記事に拍手をありがとうございます!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する