狸谷山でがん封じ祈願

今年も狸谷山不動院の初不動に行ってきました。 今年も無事に行けてよかった。

甲状腺の薬を飲み始めてから数値が落ち着くまでは、ある程度安静にしていた方がいいらしい。 仕事をだらだらやっていたことや大寒波が来襲したりして、しばらくひきこもっていました。 頭はずっとぼんやり。 歳のせい? バセドウ病のせい? それとも薬のせい??

でも、今日はお天気がよくて暖かかったから、狸谷山の初不動の「がん封じ」祈願は行っておきたくて、狸谷山までテクテク…というよりノロノロ~というかトボトボ。 

お医者さんに「運動は心臓がドキドキしない程度に」といわれているので、今日は麓からお迎えのマイクロバスに乗せてもらいました(初不動と節分のみ運行しているようです)。 おかげさまで往復とも急坂はパスできてずいぶん楽ができました。 石段はゆっくりゆっくり10段上がっては立ち止まって深呼吸。 心臓がバクバクしない程度にそろそろ上がっていると、だんだん自分でも「病の人」みたいな気分になってくるから不思議(笑)。

1.28狸谷山

山陰で日が差さない場所にあるから、本堂近くにはまだ雪が残っていて、手水鉢には分厚い氷があってみんなビックリ。

本堂ではいつものようにお札と護摩木を納めて、しつこくしつこく「再発しませんように」とお願いして、無料接待のがん封じの笹酒をいただきました。 辛口でおいしかったです。 本堂で始まる大護摩木を待ってウロウロしていたら、ケーブルテレビのカメラマンに「取材させてください」とお願いされたけど、誰もみてないだろうけど世間に「私はがんで…」なんて話は公表したくないのでお断りました。 ちょうどがん封じのお札を本堂の柱にくくりつけていた時だったから、たぶんお兄さんは後で「再発しませんように」というのを見ただろうな。 笹酒をいただいた時も、横で新聞かなパチパチ写真撮ってました。 年齢層が高い中では若い方で、元気そうな顔してたから「これなら写しても大丈夫だろう」と思われたのかも。

護摩木焚きは、なんだか今年は迫力がなかった気がします。 大太鼓の五臓六腑にしみるような力強さがなかったからかな。 ちょっと残念でした。


1.28アロマティック

帰りはエキュバランスでケーキ「アロマティック」をお土産(?)に購入。 うーん、おいしい! ひさびさにしっかりケーキを食べた満足感を味わえました。 甲状腺の薬を飲んでいても、いまのところ体重増加は1キロくらいだから(体質によってはかなり太るらしい)、こんな高カロリーなものを食べてます。 これからどうなるのかなあ?

1.28満開のロウバイ

狸谷山への途中にある立派なロウバイの木。 青空をバックに満開で、しばし見惚れました。 今年もみられてよかった。


■たくさんの拍手をありがとうございます。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する