バセドウ治療開始から2週間

今日は甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の通院日でした。 治療薬メルカゾールを毎朝3錠飲み始めて丸2週間の経過観察です。 血液検査の結果は、肝臓・腎臓・白血球いずれも問題なしで、引き続きメルカゾール続行とのこと。 甲状腺ホルモンは今回は調べていないそうです。

「少し外出するだけで身体が重だるくて、半日仕事をしたら、なんともいえず気分悪くなりました」と訴えてみましたが、それは薬が効いてきているから仕方ないとのこと。 しばらくは、あまりしんどくなるようなことは避けるようにともいわれました。 これから、ますます薬が効いてきて、ますますだるだるになるみたいです(涙)。 

2.1カフェタイム

血液検査から診察までの小一時間に、コンビニで支払いしたり郵便局で荷物を発送したり、病院内にコンビニと郵便局があるのはとっても便利です。 その後はスイーツでカフェタイム。 黒糖きなこ××(失念)という名前でしたが、あまりそれらしい味はしてないな。 でも、本を読みながらゆっくりできて、待たされている感じがなくてよかった。


スーパーで買い物をして家に帰る途中で、突然どーんと身体が重くなってきて。 夕食後、お風呂の順番を待っている間、ソファーの上で伸びてました。 なんにもしてないのに、だるい~。 これからの2週間、どうなるんだろう?


2.1白椿のつぼみ

今年は白い椿が次々に花を咲かせています。 いつも、ちょっと花を眺めてから病院へ。 それだけで少しは憂鬱な気分が上向く気がして。

そうそう、恋猫は恋に破れたみたい。 日中に、他の猫2匹が相思相愛、お見合い中でしたから。 あのコーヒー牛乳色の猫は、もうニャッとも鳴きません。 短い恋でした。 かわいそうに。



Category: 甲状腺

コメント

「家守綺譚」から

vogelさん、初めまして
vogelさんのブログは、梨木香歩さんの「家守綺譚」を検索していて出合いました。「家守綺譚」は私にとっても大大大好きな一冊で、vogelさんのコメントに、そうそう!とうなずきながら読ませていただきました。また、私が尊敬する福永武彦を取り上げて下さって嬉しいです。
vogelさんは大きな手術、辛い治療を経て、今はバセドウ病と闘っておられるのですね。貴女の落ち着いた病気への向き合い方にはただただ頭が下がります。これからは良い風が吹くよう願っております。
私は大学が京都だったので、アップされている風景写真を懐かしく拝見しています。京都は大好きで、今でも日帰りで出かけているんですよ。
vogelさん、これからちょくちょくブログを拝見させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2016/02/02 (Tue) 10:43 | 椋鳥 #- | URL | 編集
No title

椋鳥さん、はじめまして!

椋鳥さんも、梨木果歩の「家守綺譚」がお好きなんですね。 共感していただけて、とてもうれしいです。 いいですよね、あの独特の世界観。 ああ、また読み直してみたくなりました。

福永武彦もお好きなんですね。 昔むかし、学生だった頃、福永武彦と辻邦夫が大好きでした。 でも、ブログを書くようになってから読んだのは「死の島」だけ。 リンクさせてもらっている「P&M Blog」のpiaaさんにすすめてもらったのがきっかけでした。 「草の花」とか「忘却の河」「廃市」、今読んだらどう感じるのか、こちらもちょっと気になってきました。

病気のこともご心配いただいて、ありがとうございます。 落ち着いてなんていないんですよ、全然(笑)。 無理に前向きになろうとすると、それはそれで負担になりそうなので、愚痴や弱音をぼちぼち吐きながら、自分との折り合いを探る毎日です。 そういう心もちになれたのは、クシュナー著「なぜ私だけが苦しむのか」という本のおかげかもしれません(ブログ内検索ででてきます)。

誰かが私の体調を案じてくれている、そう思うだけでもとてもうれしく心強いです。 本当にありがとうございます。

また、のぞきにきてくださいね!

2016/02/04 (Thu) 00:56 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する