野鳥の鳴き声CDで勉強中

春になって、庭で一番高いモミの木の梢あたりで、目で確認できないほど小さな鳥が、身体の大きさに比べて驚くほどの声量で、それはそれは楽しそうによく歌っています。 あの子の名前はなんていうのかな、どんな姿なんだろう…と知りたくなって、ついに買ったのがコレ。

3.28野鳥の声CD

ずいぶん前から欲しかったんです、こういうのが。 野鳥の会がだしているCD「声でわかる山野の鳥」。 最初に簡単な解説があって、あとは男性の声で名前を言っては、その後に野鳥の声。 いろんな種類の鳥の声が延々と続くだけ。 小鳥のさえずりBGMとはまったく違うコンセプトです。

実際には、聞き流しているだけではなかなか覚えられません(汗)。 初めは眠る前に流していましたが、一生懸命聞き分けようとしてしまうようで寝つきが悪くなってしまうので、日中にたまに聞く程度。 名前を覚えたからといって、別に何がどうなるものでもないけれど、なんとなくちょっとだけ小鳥と親密になれそうな気がするんです。 一緒に本も買ってさえずりを聞きながら姿を眺めると、見た目と鳴き声にギャップを感じる鳥も結構います。

ドイツやオーストリアに住んでいた頃、どこにでもいたアムゼル=クロウタドリが懐かしいなあ。 あんなに心の赴くままにその時その時で好き勝手に歌う鳥を他に知りません。 真っ黒で、目の周りだけ小さく黄色くて、とても愛嬌のある鳥。 また会いたいなあ、アムゼル。

3.28ローダンセマム

花壇に植えた「ローダンセマム ムーンアイズ」(忘れないためにメモメモ!)が明るい陽ざしを浴びて、発光しているみたい。 マーガレットに似ているけど、すくっと伸びた姿が違いますね。 一年草と思って買って、調べてみたら多年草らしい。 うれしい誤算。 花持ちがよくて、今のところ元気いっぱいに咲いています。 蒸し蒸しむれむれの京都の夏をなんとか越してほしい。


バセドウの治療に気をとられて後回しにしていた歯医者さんへ、ようやく行ってきました。 差し歯が取れちゃったんですが、もう歯の根がダメみたい。 がっくり。 せっかくバセドウの通院がしばらくないのに、その間に花粉症で耳鼻科へ行ったり、歯医者さん通い…とほほ。 木曜日は3ヶ月ぶりに乳腺の主治医診察もあるし(本来は半年に1回なんだけど、バセドウがどうなったのか主治医として把握しておきたいとのことで)。 あちこち身体メンテナンスに手がかかるお年頃なんですねえ、あーあ。

■いつも拍手をありがとうございます。 古い記事にも拍手をありがとう♪ 皆さまもたまには身体のチェックとメンテしてくださいね(お医者さんに行くのは本当に嫌で面倒だけど)。 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する