悲しみのさじ加減 吉田篤弘「空ばかり見ていた」

この1年ほど、吉田篤弘の作品をぼちぼち読んでいるのに、なかなか感想が書けないまま。 というのも、初めて読んだ「針が飛ぶ」があまりにも好みにぴったりで、それ以後に読んだものは期待が高すぎるからか、いまひとつピンとこなくて。 世間で人気の「つむじ風食堂の夜」もうーん、悪くないけど、別に特別というほどでもないなあ…という感想。

最近少しずつ読んでいた「空ばかり見ていた」は、ひさしぶりに私の好み寄りでした。

4.5空ばかり見ていた

父が遺した東京の下町の理髪店を閉め、ホクトは流しの床屋として世界をさすらう。 自分が切りたいと願う人の髪だけを、自分が好きな場所で切りたいと願って。 あるときは主人公が読む物語に登場する人物として、あるときは主人公たちの傍らを通り過ぎていくだけの点景人物のように、時代も性別も年齢も国もさまざまな人たちと淡く関わりをもつホクトをめぐる12編の短編集。

連続した内容ではなく、1編ずつ登場人物も場所も味わいもバラバラで、ストレートな物語もあれば、シュールな味わいのものや寓話のような変化球もあって、ちらちらとそこここにホクトが顔をのぞかせる、ゆるーくつながる連作集です。 この作家の作品は、ごく普通に起承転結がある小説が好きな人にはおすすめしません。 この人の独特の浮遊感、そしてヨーロッパの洒脱な映画を思い起こさせる淡々とした味わいが、私の好みには合うみたいです。

最後の1編「リトル・ファンファーレ」がよかった。 この話は割と普通の小説形式。 パリの街を背景に風にはためく白いシーツ、その音が聞こえてくるようで、空を見上げるホクトの胸に去来するものが静かに映画のワンシーンのように心に刻まれて。 砂浜で女の子の髪を切る「海の床屋」も好き。 どちらにも私好みの”透き通るような悲しみ”の余韻があってステキでした。 そう考えてみると、「つむじ風食堂の夜」は私好みのこういう悲しみのエッセンスがちょっと足りなかったのかも。

あとがきによると、著者は行きつけの床屋さんで髪を切ってもらっている心地よさと、萩原祖太郎の「猫町」にインスパイアされて、この不思議な味わいの短編集を紡いだそうです。 それだけのことから、これだけいろいろな切り口を考えつくとはなかなかの妄想力。


4.5山桜満開

わが家の山桜は咲き始めて、あっという間に満開になり、昨日の激しい風雨ですっかり散ってしまいました。 今朝は一面の薄紅色の絨毯。 ほんのひととき、夢のようにきれいでした。


抜歯後は3日ほどだるくて眠くて、入浴後はちょびっと痛くなりましたが、あまり痛みが強くならないうちに痛み止めを飲んだら、さほど苦痛もなくやり過ごすことができました。 今日からやっと本調子に戻った感じ。 でも、花粉がきつそうだったので家の中でできることだけ。 セーター類を次から次へと手洗いしたり、たまっていたアイロンがけを片付けたり、脚立に乗って照明のメンテナンスをしたり、少しだけ庭の手入れをしたり、水回りをきれいにしたり、貯蔵食料品のチェックをしたり。 寒さが去った今頃になって、ウールの分厚いカーディガンの仕上げに四苦八苦したり(汗)。 細々としたことばかりだけれど、何かしら作業ができて満足です。


Category: 吉田篤弘

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する