骨スカスカ!?

今日は6週間ぶりにバセドウ病治療の通院日でした。 お天気がよくて京都は最高気温は28℃だったそうです。 いつもの血液検査にプラスして骨塩量(骨密度)検査があったため、待ち時間は少々長め。 屋内にいるのがもったいなくて、川縁まで出てベンチでしばらくぼんやりしつつ、おやつタイム。 頭上ではトンビがみんなのおやつを狙ってピーヒョロロロ~と旋回していたので、大慌てで抹茶生どらを持参のお茶と一緒に。 いつものように病院までぶらぶら歩くだけで汗ばむくらいだったけれど、木陰には気持ちのいい風が吹いていて気分最高!

甲状腺ホルモンの値はばっちり基準値に入っていました。 前回まで測定不能なほど少なかった、脳下垂体からでているホルモンTSHも急上昇して3.290になっていました(基準値は0.350~4.940)。 これを受けて、メルカゾールは毎日3錠から2錠に減量。 よっしゃー!と心の中でガッツポーズ。

4.26ナニワイバラ

しかし、なのです。 ホネが…骨粗鬆症レベルでした(涙)。 バセドウ病だと新陳代謝が激しすぎて骨量が減ってしまうのですが、治療をすると骨量も持ち直すはず。 でしたが、閉経しているからか(私は抗がん剤治療の影響もあるんじゃないかと思うんですが)、骨量は相当ヤバイことに。

若い人と比べて(骨量は生涯で最高に多い年齢層と比較するのだとか…知らなかった)64%! 立派な危険ゾーン(69%以下)です。 同世代と比べても72%。 高齢者なら骨折レベル…ああ、そんなあ…。 で、週1回、骨粗鬆症治療剤ベネット錠17.5mgを明日から服用することになりました。 甲状腺ホルモンの値が正常になったのに、一難去ってさらにまた一難。 がっくり。

なんだかそういえば腰が少し痛いような…って、メンタル弱すぎ!(笑)

4.26ヒメウツギ

骨粗鬆症治療のために自分としては何ができるのか質問したところ、お医者さんからのアドバイスは次の通り。
●カルシウムをとるには小魚など、骨ごと食べるのが一番。 牛乳はあまり役に立たず(?)、ヨーグルトの方がまだいいかなというようなニュアンスでした。
●日光を浴びる。
●骨に負荷をかける運動をする。 散歩など屋外をよく歩くこと=日光+運動の両方ができるのでおすすめ。

先生としては、まずは薬、あとは食事でどうかするよりも日光を浴びる+運動の方が大事という感じでした。

紫外線防止しすぎてたってことかな?(要研究) もっとスクワットもがんばった方がよさそうだなあ。 明日からもっと毎日歩かなくては。 がんばれ、私!


庭はいま白い花の季節。 じれったいくらい咲きそうで咲かなかったナニワイバラがやっと咲き始めました。 今年は花つきがよくてうれしい。 地を這うようなヒメウツギは、うつむき加減に白い小さな花をたっぷりつけています。 あれこれいっせいに咲きすぎて、なかなか写真のアップが追いつきません。


■以前のいろいろな記事にも拍手をありがとうございます! この歳で骨粗鬆症だなんて…(涙)。 嘆いても何も改善しないので、まずは自分でできることをがんばってみます。


Category: 甲状腺

コメント

骨粗鬆症の先輩?です

日々緑が輝きを増してきました。
vogelさんの写真がどれほど素敵か、拝見するたびに心がおどります。
この季節、白い花と緑、一番好きな色の取り合わせなのですが、だからでしょうか、初めてvogelさんのブログを拝見した時に、目が離せなくなったのです。もちろん、花はどの花も美しいです。でも、白と緑…、好きだなあ。我が家の小さな小さな庭にも、ヒメウツギ、白藤、もう終わりましたが白いハナミズキが…。

漸く4回目のパクリタキセルが終わり、とりあえず5月に最終の5回目を…というところです。
副作用のしびれがひどくなってきたため、あれこれ調べたら、治療中のアイスグローブが良いということで、病院に聞いたところ、「ある」とのこと。早く言ってよ!と思いながら、4回目、使用しました。でも、病院も予算不足のせいですね、1ペアしか貸せない、つまり、解けても代わりがないとのこと。さっそく大急ぎで家にあるアイスパックを凍らせて持っていきました。…結果、効きました!!私には。
つまり、指先を冷たくすることで抗がん剤が末梢神経を攻撃することが減るという、ある意味わかりやすい仕組みのようです。フランスで開発されたようで、フランスでは脱毛を防ぐためのアイスキャップもあるとか知っていたらやったのに(笑)。しびれの副作用を減らすためにも、使ってみる価値はあるようです。ちなみに調べたら、アマゾンで売っていました! 簡単なものですから、自分でも作れそうです。

所でようやく(?)骨の先輩としての話です。
私も骨がスカスカになり、そうですねえ、10年間ほどはフォサマックという薬を飲んでいました。
何しろその前は腰が痛くなるとしばらく歩くことも椅子に座ることもできなくなり、まるで腰に思い鉄板でも張り付けられたよう。ぎっくり腰をしたことがあるので、それかなあ、と思っていたのですが、検査の結果、ほぼvogelさんと同じような値でした。いやあ、ショックでした。
まあ、薬が効いたこともあるのでしょうが、私がそれ以来(つまりもう13年ぐらい前ですが!!)したことは、負荷運動をすることでした。
それまで我が家の愛犬凛君の散歩で朝晩多摩川の河川敷を歩いていたので、自分としては運動はしっかりしていたつもりでしたが、以来、重い靴を履くようにしたのです。
私が使ったのはミヤタのマッスルトレナーという靴で、片足1kgから1.2kgのもの。持つと重いのですが履くと足がピュンピュンと前に引っ張られるようで、これがまた、気持ちがいいのです。まあ、そのおかげか、腰痛がなくなってきました。以来、何足も履きつぶしました。良いとなるとやたら友人たちにも勧める私、まるでミヤタの宣伝員みたいに随分と皆に買わせましたっけ。
vogelさんも、腰が痛いようでしたら、無理せず、すこし負荷運動なさるといいかもしれません。
当時、背中の骨も、レントゲンを撮ったらほとんど空っぽ。医者から重いものは絶対に無理して持ってはいけないと言われ、驚きましたけど。
でも、治ります。もう3年近く薬も必要でなくなっていて、先日も抗がん剤で腰の骨がつぶれてしまった知人から検査をするように言われしたところ、問題が無いとのこと。 そう、運動と日光ですね。 腰が痛いだけで何もしたくなる。ぜひ、楽しく(?)運動してくださいな。

長くなりましたが、これからも素敵なブログをお願いしまーす。
                                京子






2016/04/27 (Wed) 10:05 | 京子 #- | URL | 編集
心強い!

京子さん、いつもコメントをありがとうございます。

パクリタキセルの痺れ、ひどくなっていませんか? あの抗がん剤は蓄毒性というのか、回数を重ねるほどにじわじわと副作用がたまっていく感じで、いやですよねえ。
アイスグローブが少しは助けになったようでよかったですね。 私の病院でも当時は全然アイスグローブもアイスキャップもなかったですよ。 尋ねている方がいても、看護師さんが「そんなのありませんよー」で終わり。 化学療法室通いの最後の方で、どうも一番若い看護師さんが進言されたらしく、横の人がその看護師さんにすすめられてアイスグローブを使っていて羨ましかった(笑)。 その人、途中で冷たすぎてギブアップしてましたけど。
冷却の効果があるとわかってよかったですね。 頭皮も冷やすと脱毛が少しはましになるらしいとネットでは書かれていますよね。 そのあたりの検証はなぜ進まないんでしょうねえ。 髪の毛って本当に、本当に大事なことなのに。

それにしても、京子さんは骨粗鬆症の先輩だったのですね! それも、克服されたというのを知ってすごく心強いです!! 体験談をありがとうございました。 マッスルトレーナー、そういえば以前、山靴を買いに行ったときに店員さんが履いてられて、負荷をかけて足を鍛えるのにはすごくいいと説明をしてもらったことがありました。 それを何足も履き潰されたとはスゴイですね。
運動と日光浴、意識してやってみます。 先輩の体験談が聞けて、ちょっと安心しました。

抗がん剤の副作用が軽く済みますように祈っています。

2016/04/29 (Fri) 01:01 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する