ネコのいる風景 「岩合光昭の世界ネコ歩き」展@大丸京都店

昨日、母と「岩合光昭の世界ネコ歩き」展をみにいってきました。 乳がん治療でよれよれだった頃、岩合さんのネコの写真展を2つ続けてみて、とっても癒やされたので今回もぜひ!ということで。 NHK-BSの番組「世界ネコ歩き」が大好き。 ただし不定期なので、見逃してしまうこともあって(わが家は録画機能ナシなので)残念に思うこともしばしば。 大判のプリントをじっくりみられる展覧会は見逃せません。

5.3世界ネコ歩き展

岩合さんのネコ愛があふれる写真は、理屈抜きで楽しめます。 みているひとがみんなニコニコ、会場の空気がほのぼのしていていい感じ。 ネコがいるだけで、ただの観光写真でなくなって、風景が引き締まるんですね。

右上のポスターに使われているネコの目のキレイなことといったら! この子はテレビでみた記憶が。 柵に前足をかけて悠然と外を眺めているのがユーモラスでした。 背景がレンガで左に植物のみずみずしい緑があって、画面の切り取り方も最高(プロだから当たり前だけど)。 グッズ売り場が回を重ねるごとに充実してきて、目の毒(笑)。 物欲と戦って葛藤の末、ポストカード+クリアファイル+しおりだけで我慢がまん。 母はどっさりポストカードを買いこみ、結構な値段のマグネットも買って、ご満悦。

ネコとチビワンコの仲良しな写真、よかったなあ。 これをつくづき眺めていて、犬と猫のかわいらしさの違いを考えました。 猫は単体でもかわいいけど、犬の場合は犬の視線の先に見つめる対象があってこそ、犬らしいかわいらしさがにじみ出る気がしました。 犬って写真に撮ると、目以外は猫ほどには表情がありませんものね。

ココで展覧会で公開された写真をいくつかみられます。


今日は私もネコ歩き。

5.3私のネコ歩き

民家の入口の真正面に座りこんでいます。 餌がもらえるのかな。

5.3私のネコ歩き2

それにしても、そのビミョウな場所はなぜ? 「敷地に入っちゃダメ」と言われているの??


5.3散歩道

今日は近場の散歩のみ。 疎水沿いの40分コース。 連休中でもウォーキングしている人が結構いました。 毎日少しずつでも続けることが大事なんですよね。 今日で丸1週間。 三日坊主は過ぎましたが。

■拍手をありがとうございます。
Category: 展覧会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する