家の仕事いろいろ

この季節の庭は、雨が降るごとに勢いを増す緑に覆い尽くされてしまいそう。 特に玄関までのアプローチは、左右から雪柳やレンギョウが枝を伸ばして、あっという間に細い通路をふさいでしまいます。 雨後は庭の至るところに笹だか竹だか伸び放題で、放置すると庭全体にはびこるため、ひたすら根元から切って回ります。 ふと気づいたら、春に苗を植えたスイートピーがジャックと豆の木みたいに伸びて伸びて、立てた支柱が短すぎて(こんなに背が高くなるなんて!)、苗同士がこんがらがってモジャモジャ。 長い支柱を立てて、モジャモジャをほぐして誘引して…。 こんな調子で庭仕事は終わりがありません。

5.13生い茂る緑

雨上がりに来た配達の人に「緑いっぱいですねー。でも、手入れたいへんでしょう?」といわれました。 ええ、たいへんです。

抗がん剤治療中はひたすら避けていた日光でしたが、骨粗鬆症が判明してからは、日光浴がてら母の代わりにがんばって庭仕事をやっています。 毎日のウォーキングも続いていますよ。 そのおかげか、おなかの調子もすこぶる良好。

5.13昼咲き月見草

大好きな昼咲き月見草が咲き始めました。 兄が亡くなった後、まるで眠れなくなって抗うつ薬を処方されていた数年前、お医者さんの近くの道ばたで雑草と化していたのを、そっと1株だけ連れ帰ったもの。 ようやく今年は植木鉢いっぱいにまで増えました。 とっても薄い花びらなのに、意外に雨風に強いんですよね。 そんなところも好き。

5.13レモンの花

もう半月ほど前から庭にでるたび、どこからともなくジャスミンのような甘い香りが漂ってきて、なんの匂いなのか気になっていました。 お隣のレモンの花でした。 本当にステキな香り! 思わず垣根越しに首を伸ばしてクンクン、クンクン、うっとり。 あやしい(笑)。


5.13ブドウジュース

庭仕事の後は、おいしい葡萄ジュース。 普通の葡萄ジュースは甘ったるくて、あまり好きではないのだけれど、これはワインみたいなスッキリした味でお気に入り。

思い立って、両親と一緒にちょっと旅にでることに。 そのために宿を探して予約して、列車の切符を買いに行ったり。 兄の七回忌の案内状を用意して、切手にこだわる母のために地味な花の切手を探して郵便局巡りしたり(新しい82円の普通切手は梅…法事には向きませんよね)。 父のコンピューター不調をなんとかしようとして、DVDレンズクリーナーを買いにわざわざ遠方の店まででかけたり。 母が半世紀ぶりに買い換えたミシンが届いて、試運転してみたり。 両親の冬物のニット類をひたすら洗ってはスチームアイロンかけたり。 現在使っているADSL回線が近々廃止になるため、フレッツ光にするのかeo光にするのか、悩んで悩んで悩んで、何を基準に選べばいいのか訳がわからなくなったり。 なんだかかんだか、毎日うろうろうろうろ。

5.13イーラーショシュその3

その間に、イーラーショシュもちょびちょび刺し続けて、ついに3つめが完成しました! ポーチに仕立て上がるのはいつのことやら。


■いつも拍手をありがとうございます。

■みゆさん、すっかりお返事が遅くなりました。 落ちこんだときはお薬の力を借りてでもゆっくり眠るのが一番大事。 まずは心と身体を十分に休めてくださいね。 身体が回復してくると、気力も戻ってきますから。 ドリカムの「その先へ」の歌詞、病を得てから聴くと以前とは違って感じられますよね。 治療が終わったら、また世界が違ってみえますよ。 世の中ってこんなに美しい色と光にあふれていたんだなって。

■とりほさん、イーラーショシュっていいでしょ。 でも、慣れるまでちょっと忍耐が要りました。 最初に刺したのはアップできないほどボロボロで、肩はコリコリ(笑)。 とりほさん、ブログを再開されてうれしい♪

■donauさん、いつも優しいコメントをありがとう!
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する