ちょっと寄り道

黒姫の旅、ようやく最終回です。

最終日もピカピカの快晴でした。

5.30野尻湖畔の田園風景

野尻湖畔の宿から駅までのバスの窓からパチリ。 妙高山をバックに田植え作業が始まるところでした。


5.30北しなの鉄道

長野と妙高高原を結ぶ北しなの鉄道は、ローカル線の趣がたっぷり。 まっすぐ長野駅へ行くと、長野発の特急しなのの乗車時間まで2時間30分もあります。 お昼を食べて観光をするのは超高齢者にはちょっと慌ただしすぎるし、ボーッとしているのももったいないお天気。

迷った末、黒姫駅から2駅目の牟礼駅で下車して、ランチを食べがてらワイナリー「サンクゼールの丘」へ寄り道することに。 駅で荷物を預かってもらって(コインロッカーはありません。駅員さんに頼むと1個410円で預かってくれます)、駅前からタクシーで5分、片道1500円足らずで到着。

5.30サンクゼールの丘でランチ

牟礼駅で電車を降りてから乗車するまでは2時間。 タクシー移動の時間も考えるとあまりゆっくりできず、ステキそうなレストランはあきらめて、デリカテッセンのコーナーでそば粉のキッシュをオーダーしてランチ。 これがビックリするほど大きい! あまりおなかが空いていない人は2人で分けてちょうどいいくらい巨大でした。 わが家は残念ながら下戸なので、ワインではなくてワインジュースで乾杯。 このジュースが本当にワイン近い味わいでフルーティー。 買って帰りたい!

…でしたが、キッシュが焼けるのに想像以上に時間がかかり(空いていたのに)、その上、1個しかオーダーが通っていなくて、追加注文したら帰りの時間ギリギリになってしまい、ワイナリーの見学時間には合わないし、美味しそうなものがいろいろ揃ったショップをチラッと眺めることもできず、本当にランチだけになってしまったのが残念でした。

5.30サンクゼールの丘にて

それでも、行ってよかったです。 大きな大きな木の下、木陰で心地いいそよ風が吹いていて、暑くも寒くもなく、嫌な虫もいなくて、屋外を楽しめる最高の季節でした。 こういうシチュエーション、日本ではなかなかありません。 ドイツの晴れ晴れとした初夏を思い出させて、両親も喜んでくれました。


以上、旅が終わったと思ったら、翌日早朝から仕事が入り、仕事が終わったら(簡単な仕事だったんですけど)ドッと疲れがでました(汗)。 24時間へばりついてのお年寄りのお世話係は疲れます。 耳がほとんど聞こえないのが、何よりたいへんで…。 高齢の親に向かってずっと大声を張りあげているって、知らない人が見たら完全に鬼娘(汗)。 父が人工内耳の手術しても、今のところ全然成果を感じられないんですけど、やった意味あったのかなあ。 とにかく、転ばずに帰ってこられてホッとしました。

■いつも拍手をありがとうございます。

■名なしさん、ずっと大声でキーキー言っている鬼娘状態でしたが、親孝行になったということにしておきましょう(笑)。

■とりほさん、詳細な編み方をありがとうございます。 うーん、たいして編み物がわかっていないので、読んでも編み方が頭の中でパッと思い浮かびません(汗)。 実際に糸で編んでみたらわかるかな。 そうそう、耐えきれずにイーラーショシュの本をポチッとしてしまいました…本当に刺すのか鑑賞で終わるのか??
Category: 黒姫の旅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する