散歩@端境期の植物園

一昨日はバセドウ病の通院日でした。 5週間ぶりの病院。 病院って、やっぱりたいして何もしなくても疲れますねえ。 なんでなのかな。 甲状腺ホルモンは順調に落ち着いてきていました。 でも、病気ネタはまた別の日に。

その前は、いよいよ近づいてきたADSL打ち切り日を前にして、eo光かフレッツ光かの二者択一で何を基準に選んでいいのかわからず、頭が煮えそうなほど迷いに迷ってヨレヨレに(笑)。 結局これ以上迷っている猶予はないということで、営業の人の電話が感じがよくて、ただいまキャンペーン中で工事費無料+15000円の商品券プレゼント+パソコンのメールの初期設定をしてくれるサービスがあるというeo光に決定。 なんだか、それだけのことでずいぶん時間を使って疲れました。

もろもろの疲れを癒やそうと、晴天に誘われて水曜日はひさしぶりに植物園へ。 バラ園がまだきれいかなと期待して…

6.2植物園のバラ園

パッとみたところ、まだきれいそう

と思ったのもつかの間、他のバラはすべて終わっていて、スタッフの方がせっせと花殻を摘む作業中。 バラの香りを楽しみにしてたんだけど、残念。 では、近くのアジサイ園は咲いていそう…という期待も裏切られて、こちらはまだこれから。 街中でみるアジサイの方がよっぽど咲いてます。 次に菖蒲園をのぞいたら、こちらはもう終わりかけ。 植物園全体にこれという花がない端境期でした。

6.2フウの木の新緑

それでも、大きな大きなフウの木は透けるような新緑の葉が、それだけで十分に美しいし、

6.2ベル・エトワール

ひっそりと咲いていたベル・エトワール(フランスで改良されたセイヨウバイカウツギ栽培種)を一心にスケッチしている美大生らしき女の子の、この花に負けない楚々とした佇まいを横目で鑑賞しつつ(おっさんか!)、ついでに優しいほのかな香りをクンクンできたし、

6.2スモークツリー

スモークツリーの不思議なほわほわを眺められたし、気持ちのいい緑陰を歩けたし、ま、いいか。

6.2泰山木の花

この日最大の収穫は、泰山木の花を間近にみられたこと。 わが家にもあるんですよ。 でも、高い高いところで咲いているから、こんな風に上からじっくり花を眺めたことはありませんでした。 すぐ横で、高齢の女性二人も同じようなことを話してられました。 いつも花が終わって地面に落ちているシベはこんな風になっていたんだ。 花自体がすごく大きいし、シベもすごいから、まるで太古の昔から咲いていそうなイメージ。 咲きかけの蕾に鼻をくっつけて思い切り深呼吸して(笑)、ほのかな芳香も初めて嗅ぎました。 「泰山木」なんていうから中国原産かと思いきや、北アメリカ原産で西洋では「マグノリア」という名前なのですよね。 泰山木とマグノリア、なんだか名前の響きからうける印象が全然違いますね。


6.2花柄のブラウス

植物園に行くとたいていは閉園近くまで園内をうろうろしているんだけれど、あまりにも何も見所がなくて珍しく早々に引き上げて、雑貨屋さんに立ち寄りました。 そこで、母に似合いそうな花柄のブラウスがあったのでプレゼント。 昔はセンスがとてもよかったのに、最近急に歳をとって、着るものがなんとなくちぐはぐなことがあるので。 気に入ってくれたようでホッ。

■いつも拍手をありがとうございます!
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する