ぷよぷよ

バセドウ病治療薬メルカゾールを飲み始めて丸5ヶ月、毎日1錠に減ってから2週間。 甲状腺ホルモンが抑えられて、逆に低下症(橋本病)になりかかりな感じです。

治療前は食べても食べても、どんどん体重が減って、何か恐ろしいことが体内で起こっているのではと、「転移」という言葉が何度も何度も頭に浮かびました。 体重がみたこともない数値になったときは「こんなに食べているのにやせるなんて!」とパニックになりそうでした。 だから、バセドウ病とわかった時はかえってホッとした。 いまや、そんな頃が懐かしい事態に。

薬が効き始めた2ヶ月前からどんどん体重が増えて、あっという間に6~7キロ増!! お医者さんに「食べる量を減らしましょうね」と優しく言われて、多少は減らしているつもりなんだけれど、それでもジワジワ増加…元の体重をあっさり超えてしまいました(汗)。 立派な段腹になり、太ももや二の腕、背中まで脂肪でぷよぷよ。 ちょこっとのウォーキングだけでは脂肪が筋肉にはならないんですよねえ…どうしたもんじゃろのう。 やっぱり負荷をかけるシューズを買うべきか。

6.15水無月 6.15クレープ

抗がん剤治療中、苦しいことに耐えている自分を慰める唯一の手っ取り早い方法がお菓子を食べることでした。 1週間に2回くらいはしっかり濃厚なケーキ、あるいは和菓子なら一度に2個ペロッと食べていたような。 最近は、自分としては相当我慢しているつもりなんだけれど…でも、まだ甘いものを食べすぎなのかも。 京都で6月になれば「水無月」を食べなきゃいけない気になるし、隣家の解体工事のストレスに耐えられなくなった母を誘ってクレープを食べに行ったりしてるしなあ。 ご飯・パン・おやつをもっと減らさないとダメか。

太ったことだけでなく、先日ついに人生初のこむら返りも経験しました(これまで筋肉がつった経験ゼロ)。 朝、目覚めかけた時にベッドの中で何気なく伸びをしかけたら、ふくらはぎがギューッと固まっていたたた…。 こんなに痛いのね! バセドウ病の薬が効きすぎていると、こむら返りを起こしやすくなるらしいです。 次の診察まであと1ヶ月半、大丈夫かな。

6.15南天の花

せっかく乳がんの治療が終わったと思ったら、今度は、一生のお付き合いになりそうなバセドウ病になってトホホ…なようでいて、実はバセドウ病やら骨粗鬆症やらで「がんの再発」という恐れからずいぶん気が散っていることに気がつきました。 それはそれでありがたいのかも、と近頃思うようになりました。 悪いことばかりじゃないってことですね。


庭では南天が小さな小さな黄色い花を咲かせています。 ポン菓子みたいな白のつぼみの方が目立つくらい小さな花。 初夏にこんなに小さな花を咲かせて、それが晩秋にまん丸い赤い実になる。 植物って意外に気長なんですよね。 私も気長に行きましょう。

Category: 甲状腺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する