ようやく完成! フラワークロッシェ

詰めの甘さが悪い癖。 とっくに編み上がって、珍しくモチーフつなぎもさっさと済ませたのに、最後の仕上げのリボンを買いに行かずに放置していたフラワークロッシェのネックレスがやっと完成しました!

7.22フラワークロッシェのネックレス

「黒ゆきこのフラワークロッシェ」からの2作目です。

指定通りの糸(エミーグランデ)で編みましたが、糸でみているよりも編むと色が濃くなって、かなり地味。 姪っ子にあげようかと思ったけど、地味すぎる気がする。 でもオフホワイトでも地味になりそう。 淡い色は夏に着用すると汗じみも気になるし。 いっそのこと黒か紺の方が盛夏に映えるかも。 エミーグランデを売っている店が近くにないから困るな。 ネットショップで送料をかけて少量の糸を取り寄せるのはなんだかなあ…と思っている間に夏が終わりそうだわ←いつものパターン。


そして、もう一つ熟成したフェリシモの在庫キットも

7.22刺繍糸でかぎ針編み

やっと消化できました。 かぎ針編みがよくわからなくて何度も何度も途中で編み方がわからなくなって投げ出しては、しばらくして再挑戦してはまた挫折を繰り返して、やっとやっと形にできました。 このブローチを使いたいのではなくて、ただ単に達成感が得たかっただけ(笑)。 刺繍糸を使ってかぎ針編みをするというアイディアに目からウロコ。 意外に糸が割れたりせず、編むこと自体はそれほどたいへんではなかったので、家にどっさりためこんだ刺繍糸をこういう風にかぎ針編みして消化できるかも…と妄想してみたりして。


7.22夏空

北日本や関東はまだ梅雨明けせず、肌寒いなんて信じられないほどの夏空と暑さ。 でも、暑いとはいっても梅雨が明けてから、京都にしては珍しくカラッとして風があるので、暑くてもずいぶん楽です。 今日は暑さがましだなと思っても最高温度は34℃くらいはあるのだけれど、湿度が低いと本当に過ごしやすいですね。 熱帯夜じゃないのも助かってます。

今朝はまだ少しは涼しさが残っているうちに、ちょこっとウォーキング。 汗まみれになっても、身体を動かすと気持ちいい。 近所の南欧風建築を見あげて、脳内で爽やかな風が吹いている南欧で夏休みを満喫中のイメージトレーニングをしてみた(笑)。 ああ、瀬戸内国際芸術祭とか、近場でいいから旅気分が味わいたいなあ…。


■みゆさん、拍手コメントをありがとうございます。 遠くから心配していただいて、ありがとう! 京都は梅雨明け前の方が37℃とか35℃連発ですさまじい暑さでしたが、この数日はずいぶんまし。 これくらいなら耐えられます。 みゆさんはもう放射線治療のゴール寸前ですね。 連日の病院通い、お疲れさま。 がんばりましたね。 いつか、この辛さを乗り越えた自分にちょっと自信が持てる日が来ますよ、きっと。 お互いになるべく身体を動かしてストレスを蹴散らしていきましょう!

コメント

フラワークロッシェ

Vogelさん

お辛い内容ですのに、丁寧なお返事を下さって、ありがとうございました。 私なりに更に理解することが出来ました。 
Vogelさんって本当にしなやかな強さをお持ちです。私もそうありたいと思います。

そうですね、明るい話も・・・「今年の目標は機嫌よく人生満喫!」ですものね。
実は私、数年前、「はじめてレッスン 編んでみたいな、アイリッシュ・クロッシュレース」(日本ヴォーグ社)という本を購入したんです。 買った時はさあ、やるぞ!って感じだったのですが、すぐに挫折。 以来二度と手に取ることもなく、書棚に眠らせておりました。 Vogelさんの素敵な作品を見て、ひっぱり出しましたが・・・(汗)。 解説って、なんでこんなに分かりずらいのでしょう(と他者のせいにする私)。 花のモチーフをいっぱい作って、カーディガンの襟ぐりあたりに縫い付けて・・・と、イメージだけは膨らませていて、いつの日か・・・。 手芸は嫌いじゃなくて、タッセルやカルトナージュでは、小さな、いかにも初心者の作品は作ることが出来ました。

そうそう、Vogelさんは最近はきものを着ておられますか? 私はきものが大好きなのです。 2008年のきもの本ブログを拝見しました。 Vogelさんの紫陽花の絽の訪問着姿がとっても素敵です。 私は数年前に着付けを習う機会があって、以来年に2,3度は着るようにしています。 昨年はちょっと勇気が必要でしたが、京都へ、きもので出掛けました。 「気軽にきものを楽しむこと」は私の100のリストに入っています。

ここ数日はVogelさんのご指摘通り、湿度が低く過ごしやすいですね。 今日の神戸はそれに加えて曇り空なので、これから庭に出て、それはそれは元気に育ってしまった雑草を容赦なく引っこ抜いてみようかと考えているところです。 

Vogelさんもどうぞお元気にこの夏を乗り切って下さいね。

椋鳥より




2016/07/24 (Sun) 09:43 | 椋鳥 #- | URL | 編集
No title

椋鳥さん

アイリッシュクロッシェ、すてきですよねえ。 これが編めたら、こんな風にして…と本を眺めて妄想するだけでも楽しいんですよね。
確かに、解説の写真とか編み方ガイドだけでは、どこにかぎ針を入れるのか、初心者はなかなかわからずモヤモヤしますよね。 私も最初にレース編みの本を1冊買ったものの、それだけではよくわからず、かぎ針編みの基礎みたいな本を追加で買い、それでもわからなくてネットの動画をみたり。 でも、結局よくわからないまま(汗)。

完成したネックレスやブローチも適当な自己流だから、正しくないかもしれませんが、つないで形にしてしまうと結構気にならない…と勝手に決めつけています。 編み物の達人が目をくっつけて見ないようにブロックすれば大丈夫(笑)。 たぶん。

椋鳥さんはきものを楽しまれておられるのですね。 気軽に普段着としてきものをきれいに着られるのって、憧れますよね。 ぜひ京都でばんばん着て歩いてください。 きものだといろいろ優待がある期間もあるはずですので。 私は着付けを習った後、母のタンスの肥やしを活かそうとがんばっていましたが、最近はすっかりご無沙汰。 そろそろ浴衣ぐらい着てみようかな。

草ひきはできました? わが家の庭は夏は蚊の巣窟になってしまい、怖いくらいの蚊の襲撃に負けて草ボーボー。 すっかりあきらめモード(大汗)。

明日から関西はまた暑くなりそうですね。
お互いに夏バテしないように気をつけて、いましか味わえない夏の風物を楽しみましょう!

2016/07/26 (Tue) 22:36 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する