リオ・オリンピックが終わって

始まるまでは関心がほとんどなかったリオ・オリンピック。 でも結果的には、暇だったこともあり、いつもよりずっとたくさんの競技をテレビ観戦しました。 オリンピック開幕直前まで、人殺しだとかテロだとか天変地異だとか、ひどいニュースばかりが毎日流れていたので、スポーツに打ちこんでいるアスリートを眺めている時間はとても心が安らかでした。 日本人選手の活躍ばかりでなく世界の頂点の技がみられたり、ふだんはみたこともないスポーツの面白さを知ったり。 それにしても日本のメダル数が何個って、どうでもいいような気がするけど。 やたらとメダル数にこだわるのって、まるで昔の共産圏の国みたい。

卓球は水谷のがんばりに熱くなり、愛ちゃんの涙にもらい泣きしそうになり、中国人のすごさに目をむいた。 柔道はきちっと柔道着を着て背筋を伸ばし日本式柔道を貫いて、ひさしぶりによかった。 最重量級の決勝だけは試合としてクズみたいだったけど(あれで金メダルって…)。 カヌースラロームは初めてじっくりみていたら、ヨーロッパ勢よりずっと華奢な日本人が銅メダルでビックリ! 腕力だけでなく技が必要で結構みていて面白かったし、銅メダルが確定した瞬間に号泣している羽根田をまわりの外国人が祝福してくれている姿にジーン。 自転車のロードレースは長めのハイライトで観戦したけど、スピード感がすごかったし、峠のあたりで待ち構えていた野次馬に走行を邪魔されそうでみていてドキドキ。 競歩50kmはどうしてあんなにしんどいスポーツを選んだのか、競技している人にきいてみたいくらい辛そうで目が離せなかった。 終盤に荒井と接触したカナダ人はいい人なんだなあ。 途中までトップだった選手が立ち止まっているのをみて「さ、行こう」というように背中をぽんと軽く叩いて歩いて行ったのが印象的で。 3分の2くらいまで先頭だった選手はおしりから出血して、立ち止まってギブアップしそうになり、カナダ人に励まされて歩き始めてゴールするまでに2回も仰向けに倒れて、それでも8位でゴール。 すごかった。 そして陸上の400mリレーで銀メダル&競泳の個人メドレーで金メダルは、まさか生きているうちにみられるとは思いもしてなかったからビックリした!! 日本人でもできるんだなあ。

8.24ムクゲ

個人的感想として、意外にいいオリンピックだったリオ。 派手にお金を使いまくらなくても、エコというくくりで自分たちができる範囲で開催したという姿勢は日本も見習うべき。 スマートじゃなくても、ブラジルの人たちの陽気さが際だって楽しい気分が味わえました(ブーイングがひどかったようですが)。 


8.24コツコツはぎ合わせ中

オリンピック観戦のかたわら、やっていたこと。

1年前に全部編めていたのに、モチーフをつなぐのが面倒くさくて放置していたフェリシモの編み物キット。 先日のイーラーショシュのポーチの仕立てで勢いがついて、ひたすらはぎ合わせ作業に没頭していました。 糸端の処理がやってもやっても終わらない! どんだけ糸端あるんだ! 大嫌いな作業も集中的にやっているうちに、なんとなく黙々と無心でできてだんだんそれなりに好きになってきたかも(笑)。 コツコツやって、もうすぐ完成です。

■いろいろな記事に拍手をありがとうございます。 最近、抗がん剤治療のキーワードでのぞきにこられる方が増えているようです。 暑いときにたいへんですよね。 2年前の夏は私も本当に辛かった。 でも、今ではごく普通の生活を取り戻しています。 私の記録が少しでも参考になれば幸いです。 がんばってくださいね。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する