正月疲れ

はぁ~っ、「お疲れさま」と自分にひとこと。
今朝、帰省していた兄一家を送り出して、飯炊き女+洗い場さん状態から
解放されました。 年末年始は大食漢の兄一家を含めて大人7人の食事の用意に
ひたすら追われてました。 日頃、こんなに多量の食事を作ることがないので
いつまでたっても慣れられません。 でも、姪たちのはち切れんばかりの
若さに接するのは、硬直化しかかっている頭にはいい刺激です(笑)

22歳のお姉ちゃんはますます女っぽくなって、女として完全に負けてます。
「女に生まれたからには、女らしさを売り物にしなくちゃ」とうそぶく姪。
そういえばワタシは一度たりも女を売り物にしたことないなぁ…
あ、そんな叔母を見て反面教師にしたのかな。 ジーンズが第二の皮膚と
いえそうなワタシだからなあ、仕方ないか。

年頭なのでいちおう、今年の抱負を。
「自分の仕事」を絶対に全うする!(来年はないと思え!)
いい本をたっぷり読んで、もっと美術展や映画館に行く。
そのためにもフットワークを軽くする(脱・出不精!)。
正常な時間に寝て正常な時間に起きる(←コレはかなり大事)。
時間の使い方を工夫して、メリハリのある生活をする。
姪を見習って、ヒトの都合を考えすぎず、自分のことを最優先させる
(そんなことできるのか?)。
資料と本と手芸道具が散乱している自室の整理整頓に励む(必須課題)。

毎年、いちおう年頭に抱負を考えるけど、いったいどれくらい実現できたかは
検証したことがありません。 というより、どんな抱負だったのか、年の瀬には
思い出せない(笑)




年明け一本目にみたい映画はコレ!
モンゴルの大自然を楽しむためにも、ぜひ映画館でみたいと思っています。
この映画、意外にもドイツ映画なんですね…さっき気がつきました。
やっぱりドイツづいてるのかも。
ホームページは http://www.tenku-nansaa.com/
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する