一つのことに集中する気持ちよさ

今日、NHK「ためしてガッテン」で瞑想=マインドフルネスについてやっていました。 マインドフルネスといえば、乳がん発生の原因ともなるキラーストレスへの対処法として以前紹介されていたもの(ブログ記事はコチラ)。 背筋を伸ばして目を閉じ肩の力を抜いて座り、3分間ただひたすら呼吸だけに意識を集中させればいいだけだそうですよ。 無音の3分間って、現代社会では意外にむずかしいけど。


最近の私、刺繍をはじめとするハンドメイドに夢中。 昔から好きだったけど、最近は特に「心から楽しんでいる」という感覚を自分で強く感じています。 以前は「なんでうまくできないの!」とか、自分のアラばかりが気になっていたんだけれど、今はなぜだかあまり気になりません。 集中している感覚が理屈抜きにすごく気持ちいい。

NHKの放送を最後までみていたら、こういう一つのことに夢中になる状態も瞑想の一種とのこと。 瞑想を研究しているお医者さんは研究のため、一つのことに集中する状態を自ら体感すべくプラモデルを作ってられました。 おお、手芸とか手仕事を夢中でやっているとき、やっぱりなんか脳内に気持ちいい物質がでているんだ♪


この1週間ほど、空き時間に少しずつこんなものを作っていました。

9.28ドールハウスキット

ドールハウスのためのミニチュア家具で、刺繍をしているシーンが私としては特にお気に入りのワーキングテーブルのキットです。 最初に箱を開けてバラバラの板をみたときの第一印象は「面倒くさそう」(笑)。 死蔵品必至と思われたのに、作り始めたらこれが自分でも意外なほど楽しくて。

木の材料を貼り合わせる糊を乾燥させている間に、小物をコツコツ作るという作業のサイクルで退屈しませんでした。 梱包用のテープを裂いて作った小さな小さな刺繍枠に実際に布を挟んで、小さなクロスステッチをちょこっとして、針金で刺繍針とハサミを作って、爪楊枝の先を削って鉛筆にして…ほほー、こんな風にして作るんだと感心しているうちに、あっというまに完成!

またフェリシモの新しい手芸キットに手をだしてしまいました。 たいていフェリシモの通販は、シリーズの中で「これだけは嫌だな」と思うデザインから届くんだけど(自分で選べないという信じられないシステム)、今回初めて「これが欲しい」と思ったのから届きました。 画期的だわ。 木製の机はエッジを削って色を塗ったら、初心者でもそれなりにいい感じに仕上がりました。 開け閉めできる引き出しまであって、なかなか本格的。 キットでは椅子の座面は無地の白い布でしたが、家にあった塩漬けの小花柄の布を使用して、さらにかわいくなったと自己満足。

9.28ドールハウスキット2

スタンドライトなんて電球まであるんですよ。 絶対に誰からもみえないけど!(笑) これも服飾用小物をすごくうまく使っていて目からウロコでした。

9.28シュウカイドウ

ミニチュアのキットは本当にかわいくて大満足なんだけど、これをどうすればいいのか(汗)。 飾っておく場所もないのに、つい来月も申し込んでしまいました。 家具を飾るために専用のドールハウスキットまで買っちゃったりして。 あー、手芸沼にはまっていく…。

いつまでもムシムシ暑くて大雨の一日。 蚊がウワンウワン飛んでいる薄暗い庭で、秋海棠(シュウカイドウ)のピンクがパッとあたりを明るく照らしてくれています。


■たくさんの拍手をありがとうございます。

■抗がん剤治療中の方(?)、いろいろな過去記事に拍手をありがとうございます。 少しは参考になったでしょうか。 海老蔵の奥さんの食事に難癖をつける人がいるとネットで知ってビックリしました。 抗がん剤の辛い副作用と気分の悪さに耐えているっていうことは、それだけで本当にすごいことなんです。 治療中の方は自分を大いに甘やかして、少しでも心地よく過ごせるように工夫してくださいね。 自分が楽しいと思えること、嬉しいと思えることだけ最優先させて。 私は治療中、ケーキやお菓子食べまくって、それが唯一のストレス発散でした。 身体にいいとか悪いとか、そんな雑事は副作用が抜けてから考えればいいこと。 自分の治癒力を信じてがんばって!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する