胸にしみる一編との出合い 川上未映子「愛の夢とか」

ぐずぐず読んでいた川上未映子の「愛の夢とか」を読了しました。 谷崎潤一郎賞を受賞した短編集です。 谷崎潤一郎賞の小説って、実はどれもあまり好みじゃないんだけど。 本屋さんでみかけた表紙がきれいで川上未映子ならということで、内容を知らないままジャケ買い。

11.4愛の夢とか

高校生の時からつきあって21歳で別れた恋人と交わした遠い日の約束。 その約束の日に思い出の植物園へと向かう女性を描いた「日曜日はどこへ」。 ガーデニングをしている主婦と、ピアノ曲「愛の夢」を毎日弾き続ける隣家の女性との淡い交流を扱った表題作「愛の夢とか」。 大切なマイホームを手放さざるをえなかくなった専業主婦の家への執着が、やがて思いがけない展開をみせる「お花畑自身」など、7つの短編を収録。

読み始めて、ああやっぱり谷崎潤一郎賞は生理的に受けつけられないかも…と挫折しかけ、「他の人はこれがおもしろいと思うのだろうか?」と疑問になってAmazonのレビューをのぞいてみました。 すると、最後の「十三月怪談」がとてもよかったという声多数。 で、結果、途中で放りださないでよかった! 「十三月怪談」がものすごくよかった。 この一編を読むために、この本に本屋さんの店頭で出合ってよかったとつくづく思いました。

この短編集のテーマはたぶん喪失。 東日本大震災後に書かれたと読了後に知って、なるほどと思いました。 大切な何か、淡い何か、あるいは遠い日になくしたもの…いろいろあったのですが、うーん、いまひとつもやもや。 人の死を真正面からとらえた「十三月怪談」が圧倒的にすばらしかったです。

もともと「死」について深く考えこむことが多かった主人公の女性は、腎臓の病気であっけなく死んでしまう。 しかし、死んだ後も目にみえない存在になって愛する夫を見守ることに…と書くと、まるで幽霊譚のようですが(題名からもそんな印象を受けるのですが)、そんなに安直なお話ではありません。 「十三月怪談」の感想をネットでザッとみたところ、「幽霊譚」とか「スピリチュアル」といった読み方をしている人がかなり多くて驚きました。 みんな、斜め読みして誤読しているのでは?? 

後半は妻と死別した夫の視点で描かれ、最後まで読むと「ああ、そういうことだったのか」と納得しつつ、ひさびさに涙腺が決壊しました。 この小説はぜひ予備知識なしに読んでください。

病気で亡くなった兄嫁と、事故で亡くなった兄、それぞれの最期がこんなふうだったらいいなと心から願いました。 川上未映子さん、これを書いてくれてありがとう。 二人を見送って大きな穴が空いてしまった私の魂も、これを読んで救われました。 死別という悲しいテーマでありながらも、安直でない明るさがあって、震災で大切な誰かを失った人の心も少しは救われるのではないかと思います。 「十三月怪談」はまたいつか再読したい一編。 おすすめです。

11.4今年初めての山茶花


昨日、叔父の容態が急変したと連絡があって、母と二人で病院へ駆けつけました。 呼吸苦でとてもしんどそうで、叔母はみていられなくて涙ポロポロ。 モルヒネが効くとずいぶん楽になって、お粥をペロッと平らげ、「ああ、美味しかった」としみじみ言ったり、酸素マスクをつけたままでも結構あれこれ話ができて、ちょっとホッとしました。 食べることはまだ大丈夫で、ちゃんと美味しく感じられるみたいで、苦しい中でそれだけでもよかった。 あれだけ食べられるのだから、まだ大丈夫なんじゃないかと思いたい。

自分で感じていた以上に心身ともに疲れていたようで、今日は一日中ぼんやり。 母も私も、何も手につきませんでした。






Category: 川上未映子

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する