体調より情緒が問題

あっと気づけば、あと24時間で年が明けてしまいそう。 メニエール病の一種(正しくは低音障害型感音難聴、または蝸牛型メニエール病)と診断されたと書いて以来、ずっと更新しないままになって、ご心配をおかけしました。 とりほさん、体調を気遣ってくださってありがとうございます!

なんとか普通に、年末のバタバタ慌ただしい生活を送れています。 一時はかなりしんどくて心身ともにヨレヨレになってしまい、仕事の締切に追い詰められて「クリスマスなんて大嫌いだー!」とイブの夜更けに一人でパソコン画面とにらめっこしながら、ぐれたりしていましたが(笑)。 やっと治療薬のステロイドを先生の指導通りに飲みきって、身体から薬が抜けたためか、精神状態もマシになりました。 検査の結果、聴力は薬が効いて戻ったようです。 でも、朝起きたときに耳が詰まった感じがまだ少し残っているような、以前からあった高音の耳鳴りがさらに激しくなったような。

メニエール病と診断されてから、頭がまったくまとまらなくなって仕事が進まずイライラしているところに、さらにイライラをあおるような高齢の両親のトンチンカン&自己中心的な言動が重なって、自分でもびっくりするほどのヒステリー大爆発。 で、そんな自分が嫌になってウツっぽくなり、クリスマスイブの夜中にバスタブに浸かって一人泣くという、なんかコントのようなシチュエーションに陥っておりました(笑)。 どうなっちゃったんだろう…と自分で混乱するほど情緒不安定。

落ち着いてからネットで調べてみたら、どうも治療薬としてステロイドを最初だけ結構大量に(30mg)服用した副作用だったらしい。 あー、夜中に泣いたりしてバカみたいだあ。 耳鼻科でのメニエール病治療としてはごく一般的な量で、副作用は人によって全然違うので、ステロイド=悪ってわけではありません、念のため。

12.30山茶花

耳鼻科の女医さんに「メニエール病は性格。生真面目なのがダメ」と諭され、最後には「お願い、自分の好きなことだけして! あなた、いろんなこと我慢しすぎ」と本気で心配されてしまいました。 抑鬱状態の沼にはまっていた頃+高齢の両親を一人で支えているのを知っておられるので、すごく心配してもらって。 先生、いつもありがとう。

でも、自分の好きなことだけするって…そんなこと…。


12.30黒豆

今年の丹波の黒豆はふっくらしてて、洗っただけでもすでに美味しそう。

一昨日は母と一緒に年末の食料品の買い物、昨日は母と一緒にお墓参り、今日はおせち料理作りで栗きんとんと黒豆、たたき牛蒡、菊花はす。 明日はお煮しめと紅白なます、鶏の酢醤油漬けを作って、ちらっと叔父の顔をみにホスピスへ行くつもり。

なかなか好きなことだけってわけにはいきません。 でも、好きなことだけしてる人なんている? 

12.30カタラーナ

私の目下唯一の憂さ晴らしといえば、おやつ。 北海道展で買ってきた花畑牧場のカタナーラと紅茶で、ホッとひと息。 濃厚だから、小さな一切れでも満足感あり。


先日、がん発覚から丸3年の検診は無事にクリアできました。 あれから3年、長いような、あっという間だったような。 CT検査結果にちょっとモヤモヤしたけれど、先生は「問題なし」といっているのだし、あれこれ気にしても仕方がないので、なるべく笑顔で目の前のことを一つ一つじっくり味わいながら生きていきたいです。

そんなこんなで今年も暮れようとしています。 みなさま、インフルエンザやノロウイルスにはくれぐれも気をつけて、どうぞ良いお年をお迎えください。 あー、お正月は何にもしないでダラダラするぞー!と自分に誓ってみる(笑)。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する