広々とした風景

ふらっと海をみにいってきました。

3.18春浅い湖北




といってもいいような風景ですが、実は琵琶湖。 湖北の竹生島行きの船着き場。 時雨れて一面が寒々とした鈍色の世界。 


3.18春浅い湖北2

でも、ほんの少しでも薄日がさすと、湖面が急に淡い青緑色に! 春先だけにみられる色だそうです。 右手にみえる山は伊吹山。 まだ雪をかぶっています。 亡くなった叔父はこういう琵琶湖と山の風景を愛していて、何枚も繊細なスケッチを描いていました。

奥琵琶湖のあたりは平地でもまだ雪が残っていました。 やっぱり寒いんだなあ。


3.18伊吹山遠景

これは長浜あたりからみた伊吹山。 湖西はあんなに曇天だったのに、湖東は気持ちのいい晴天! 盆地に住んでいると、こういう広々とした風景を眺めるだけで気持ちがのびのびします。

結局、琵琶湖を電車と車でぐるっと一周したことになりました。 たいした仕事はしていないのに移動時間は長かった。 琵琶湖ってやっぱり広い。 モヤモヤしたりイライラさせられる仕事だけど、こんなのびやかな景色を眺められただけでも、ま、いいか…と思うことにします。 世の中は連休だけど、本日は一日中家にこもって仕事。 面白みのない仕事はさっさとまとめて納品しちゃおっと。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する