お花見散歩@御所

真冬並みの寒さだった週末から一転して、今日は急に春の陽気。 日中はシャツの袖をまくり上げたくなるほど。 明日以降、天気が悪そうだったので、お天気がいいうちに御所へ桜を眺めに行ってきました。 銀閣寺や出町柳のあたりは、桜はまだまったく咲いていないのですが、御所の近衛邸跡の糸桜はもう咲いているとネットに出ていたので。

4.4御所の枝垂れ桜

近衛邸跡の枝垂れ桜はもうほぼ満開! 他のところが咲いていないのにビックリ。 近衛邸跡には何本か見事な枝垂れ桜があって、世界中からの観光客がいっぱい。 みんな枝垂れ桜の枝の中に立って記念撮影していて、みんなニコニコ。 晴れやかな桜のまわりは笑顔いっぱい。

4.4御所近衛邸桜

近衛邸跡は御所の北西方面、烏丸今出川の近くです。 午後は人がいっぱいで、画面に人を入れずに写真を撮ることは不可能。 


4.4御所出水の桜

近衛邸跡から丸太町方向(南へ)歩いていくと、出水の桜もすでに満開です。

4.4御所の枝垂れ桜満開

間近で見上げると、視界いっぱいに桜の花、花、花。 ピンクの花の滝のよう。


4.4御所の白い花桃

桃も満開。 これ、白いハナモモですよね? 緑がかった白が清楚で、とてもきれい。


4.4御所の山桜

楚々とした山桜。 やっぱり山桜はかわいい。 御所の山桜はちゃんと見える低いところに咲いていてくれます。 山桜にしては花が大きくて、形もふわっとしている気がする。 他の桜と交配した品種? 枝垂れ桜はもちろん美しいけれど、最近は山桜の方が好ましく感じられるようになってきました。 歳をとったということですね、たぶん(笑)。

それにしても、山桜がもう咲いていることに再びビックリ。 やっぱり街中はずいぶん暖かいのねえ。


4.4御所の木蓮

1本だけあった木蓮が見事に満開。 驚くほどの花つきです。 フランス人の団体さんが大喜びで、代わる代わる花と一緒に記念撮影してました。 白木蓮とコブシ?もあちこちでちょうど花盛り。 思っていた以上に春の花がいっぱい咲いていて、春の気分を満喫できました。


数日前、ふと気づきました。 ああ、私はいつの間にか兄よりも年長になっているのだなあ、と。 これからの時間は兄がみることがなかった時間。 3年前に乳がんがみつかった時は、もしかしたら私は永遠に妹のままなのか…せめて兄が亡くなった歳までは生きていたいと強く願いました。 その頃は、3年以内に3分の1が再発するというトリプルネガティブ乳がんだし、3年後に生きている自信が全然もてなくて。

でも、それから3年経った今、こんなに普通に元気に歩き回れて、また今年も桜やコブシを無心で眺めていられている、その幸せを忘れないように。 突然、理不尽に命を絶たれた兄のことを思えば、がんに罹患したことで自分もまわりも何かしらの覚悟ができて、まだよかったのかもしれないと今は思えます。

これからの時間は余生、おまけ。 機会があればとか、来年みようとか、やりたいことはさきのばしせず、いま、この瞬間を大事に大事に味わっていきたいです。 こういう風に、時間を「いま」の連続ととらえて、「いま」を大事に生きるという考え方は仏教的と何かで読んだ気がするけど、ホントかな?
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する