ゴミ出しの日

今日は普通ゴミの収集に100リットルぐらい出しました。 ゴミがいつもより多いかもしれない連休明け、あまりたくさん一度に出すと置き去りにされそうなので、これでも20リットル分は遠慮して後日出すことに。 今日出した分は全部もっていってもらえてよかった。 前回も前々回も同じくらい出しているんだけど、まだまだ湧いて出てくるゴミ! 捨てても捨てても捨てても、捨てるゴミはまだまだある…。 どれだけ多くの不用品に埋もれて暮らしてきたんだろう。

午後は近所を回っていた古紙回収の車をうまくつかまえられて、祖父や母の古い古い全集物100冊以上をもっていってもらいました。 ずっと前から捨てたくて2ヶ月以上前に2階から1階に下ろし、物置に入りきらない分をリビングの窓際に山積みにしていたので、やっとリビングの床がスッキリして、物置の中も少しは物が置けるようになって(笑)心底ホッとしました。 タイミングがなかなか合わなかったりして、ゴミを捨てるのもひと苦労です。

以前、「ガラクタをためこんでいるところは気の流れがよどむ」と整理本で読んだときは、「気の流れ」なんて曖昧でスピリチュアル系のこと信じられないと思ったけれど、気分がどんよりするようなモノが視界にあるのとないのとでは明らかに違います。 この清々しさ! よどんだ空気が浄化されている、確かにそう思えます。 モノがいっぱいでゴチャゴチャしていた空間がスッキリすると気分がすごくいいので、今までためらっていたモノもどんどん捨てられるようになってきました。

とはいえ、留学中に届いた友だちからの手紙の束は何もみずに捨てるに忍びず、読み始めるとやたらに時間がかかってます。 過去の自分に直面してかなり恥ずかしいけれど、いい友だちをもてたことにしみじみ感謝。 読んで一つずつ胸にしまって処分するつもり。


5.9白浜の結浜

ここのところゴミの話ばかりなので、和める写真を。 遊ぶのが大好きな白浜の結浜。 あー、かわいいッ!


断捨離の途中で、自室はまだまだカオスを脱していないのに、今夜急に仕事の連絡が来て(いつものことだけど)、明日から突然の仕事モード。 締切がまたキツイ…。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する