甲状腺ホルモン安定

昨日は、3ヶ月に1度のバセドウ病の通院日。 5月というのに32℃とかなんとか…暑い暑い日盛りに、抗がん剤治療の頃からずっと続けている川原の散歩をして病院へ。

5.31鴨の夫婦

木陰で涼んでる(?)鴨の夫婦。 鴨の奥さまの、羽織の裏みたいにちょっとだけみえる濃い紫の羽がとってもきれい! もう少しそばでみたかったんだけど、これ以上近づいたら逃げそうだったので、ぐっと我慢。


5.31通院日 5.31メルカゾール

採血を済ませてから診察までは最短でも1時間。 でかける直前に突然、急ぎの仕事が入ったので、病院内のカフェでカプチーノを飲みつつテープ起こしに励みました。 各方面から、大急ぎでテープ起こしをするなら手書きが一番早いとアドバイスをもらったので、今回は手書きでメモをとりながらやってみました。 なかなかグッド。 この後、待合室に移動してから、さらに1時間半も待たされたので、その間ひたすら膝の上でテープ起こし。 待っている間に仕事が進んで、これはこれでよし。

採血の結果、甲状腺ホルモンはすべて理想的数値でした。 メルカゾールは2日飲んで1日休みというサイクルを継続。 メルカゾールを飲み始めてから1年半足らずだから、まだ減薬はできないようです。 一生のお付き合いを覚悟しないといけないんでしょうね。 血圧も最高126、最低61、脈拍83と、私としてはごく理想的でした。

帰宅後すぐ、メルカゾールの裏に服用すべき日付を全部書き入れます。 こうすると飲み忘れなし。 3日に2回なんて不規則な飲み方だから、こうでもしないと飲んだのかどうか絶対にわからなくなるので、日付書き入れは必須作業。


5.31昼咲き月見草

5月前半はひたすら断捨離に突き進み、後半は仕事→姪3号来訪→仕事→姪1号来訪→仕事→通院→仕事と、たらんたらんと日常を送っている私にしては驚くほどの充実ぶり。 それでかな、5月はなんだかとても長く感じられました。

5.31紫陽花咲き初め

しかし、姪っ子たちが来てくれて賑やかで楽しかったんだけど…姪1号のことでもやもや~ッ。 やっと少しは落ち着いたかと思ってたのに、また仕事を辞めるって。 その理由にもやもや…どうなってるんでしょう、お嬢さんは。 30代半ばで、頭の中はお花畑状態。 なんだかなあ、地面にめりこみそうなほど気が重くなってしまいました。 急ぎの仕事のおかげで、姪っ子のことから気が逸れてホッとした。


ああ、気分転換に外へ行きたい! 明日、琵琶湖畔まで行ってこようかな。


■いつも拍手をありがとうございます。

■donauさん、ふふふ、魂の叫び(?)。 だってヒューズさんまで…(しつこい!)

Category: 甲状腺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する