今年もまた

一日早めにお墓参りに行ってきました。 七回忌も過ぎ、姪たちは自分たちの父親の命日にお墓参りに来る気はないみたい。 うちの両親も、それはそれでいいと思ったようで、今年は和尚さまに家におまいりに来てもらうことをやめました。 こうしてそれぞれが少しずつ自分なりに悲しみを手放していくのかもしれません。

悲しみが減ったわけでも、突然の喪失感が和らいだわけでもありません。 でも、ぼろぼろ涙を流し続けて、兄を死なせた相手や、精神を病んだ息子を放置したその両親を恨んで憎んで、その怒りで自暴自棄になるような悲しみ方からは離れられたように思います。

人がいつ死ぬのかは、誰にもコントロールできないもの。 だからこそ大切にしたい、生きている瞬間を、うたかたの生を分かち合っている人たちとの縁を。 失ったものを数えるのではなく、自分の掌にあるものを大切にしたい。 そんな風に思っています。

6.28蓮の花

お寺ではもう蓮の花が咲いていました。 例年より少し早め? 葉っぱの上には、光の珠のような雨粒。 いわゆる観光寺院ではないので、梅雨時は人影もいっそうまばら。 静かです。


6.28立葵

花はあまりない禅寺でパッと目を引く立葵。 背景のガクアジサイも薄暗い中で白い花を楚々と咲かせていてきれい。 蒸し暑い季節、花のおかげで目だけは清涼な心地。 立葵と紫陽花の取り合わせはレトロな着物によくある柄ですね。 ひさしぶりに、ちょっと着物が着てみたくなりました。 乳がんに罹患して以来初めて。

父はお墓参りが大嫌いだから、今年も母と二人。 ゆっくりゆっくり歩く母に合わせていると、私がよちよち歩きの幼児だった頃もこんな感じだったのかなとふと思ったりしました。


6.28白の紫陽花

しばらく更新していなかった間も元気にしていました。 あれこれ忙しくして、ネタはあるのにアップできず。 10年ぶりに中学・高校の同窓会に顔をだして、すごく好きだった男子との30年ぶりの再会にドキドキしたり、昔も今もその人にとってはどうでもいい人だった自分にガッカリしたり(笑)、急ぎの仕事が突然入って(最近こればっかり)家にこもって1日1500歩しか歩かない日が続いたり、鹿児島から大好きな従兄のKちゃんが突然家に遊びに来てくれて、仕事を放りだして午後ずっとおしゃべりしたり、急に仕事の打ち合わせに呼びつけられたり、家電量販店でトースターがあまりにもピンからキリまでありすぎて何を基準に選べばいいのかわからず途方に暮れたり、そこの中国人(たぶん)の店員さんがすごく上手な日本語で的確にいろいろ説明して我慢強く相手をしてくれて、ふと気づけば店内は半分くらいが外国人で、いったい自分はどこにいるんだろうと不思議に気持ちになったり、急に思い立って仕事が暇な時期に近場で親とプチ旅行しようと計画を練ったり。

抗がん剤治療中にお見舞いに来てくれて以来、久しぶりに会った従兄のKちゃんに「すごく元気そうになったね!」と驚かれるくらい元気になりました。 最近、いろんな人に「ホントに元気そうだね」といわれます。

同窓会で会った人たち誰も、私が乳がんの全摘手術をして抗がん剤で一時はツルツルになってたなんて夢にも思っていないはず。 「元気だった?」と聞かれるたびに、どう返事したものかと困りましたが、笑ってごまかしました。 乳がんの話なんてしたら、その場が私のお通夜会場になっちゃいそうだし(笑)。 楽しい雰囲気に水を差さないように。

6.28八重のクチナシ

明日、兄の命日に、また一歳年を重ねることになります。 兄もどこかで「おめでとう」といってくれる気がします。


■たくさんの拍手をありがとうございます。 元気に毎日をかみしめて生きています。

■indigoさん、介護は本当に本当にたいへんですよね。 無理を重ねてダウンしないように、自分の息抜きの時間をたまにはもってくださいね。 時間がない時は光合成だけでもぜひ。 少しは気持ちが上がるかも。
Category: 日々の記録

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/02 (Sun) 08:56 | # | | 編集
Re: 今年もまた

椋鳥さん

誕生日に優しいメッセージをありがとうございました。

お返事がものすごく遅くなって本当にごめんなさい。

兄の不慮の死も自分の乳がんも、現実として受け入れるには長い長い時間がかかりました。

今は受け入れているつもりでも、もしも乳がんの再発転移がみつかったら、その時にまわりの風景がどんな風にみえるのか…果たして辛い抗がん剤治療をもう一度受け入れられるのか…厳しい現実に立ち向かえる自信はありません。

ピンポイントの放射線というのは最先端の陽子線治療かな? 陽子線のピンポイント照射は、確か樹木希林さんも受けてられる治療法のはず。 皮膚にダメージがかなりあるけれど、抗がん剤治療よりはずっと苦痛が少なそうと認識しています。 場所や体質にもよるのでしょうが、効く人にはとてもよく効くみたいです(これは抗がん剤にもいえることですが)。 乳がんのステージ4で、その治療を受けて5年間なんとか無事に過ごしている方のブログをずっとみていて、すごい治療法だなと思っていました。
どうか、お姉さまにも効きますように。

がん患者を前にして何を言えばいいのか、戸惑いますよね。
でも、心配しているという椋鳥さんの気持ちはきっと伝わっていますよ。
がん患者は素直になれない時もあるけれど、どうかあきらめずに、なるべくふだん通りに接してあげてください。
私の場合は、他愛ない話がとてもしたかったです。 無理に励まさなくても、そばにいてくれるだけでうれしくて心強いと思いますよ。 何か気が晴れるようなこと、考えてあげてくださいね。

お医者さんが「99%」というのは「絶対にそうではない」とは決していえないからでしょうね、きっと。 でも、定期検診を続けることは大切だと思います。 私の乳がんは、毎年人間ドックを受けていたのにエコーにもマンモにもまったく写らず、触診で指摘されたときはすでに2センチ以上の浸潤がんに育ってましたから。 見落とされたというよりは、みつけにくい場所にあったのだと思います。 そのあたりは運…かな。

がん患者の家族も、本人と同じくらいたいへん。
椋鳥さん自身、くれぐれも疲れをためこまないように気をつけてくださいね。



2017/07/17 (Mon) 23:39 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する