気楽な読書向き 原田マハ「キネマの神様」

前回紹介した「太陽の棘」を買ったときに、「原田マハが特に好きに分けでもないんだけどなー」と迷いつつも、ほかに気になる本がみつからず、なんとなく目にとまったこの本を一緒に購入しました。 帯に「文春文庫 OF THE YEAR 2016-2017」なんて書いてあるし。

原田マハといえばアートというイメージなんですが、これは珍しく映画をめぐる小説です。

8.14キネマの神様

40歳を目前にしたバリバリのキャリアウーマンの主人公・歩は、社内のパワーバランスで足をすくわれ、大企業の職場を突然去ることに。 ちょうどそのとき、ギャンブル依存症で借金をしまくっていた父親が緊急入院。 人生八方ふさがりの歩だったが、無類の映画好きの父のおかげで、有名映画雑誌でライターとしての職を得る。 生きがいを見失った父娘は映画への思いを通して、それぞれに新しい居場所をみつけていく…。 映画をめぐるハートウォーミングな小説。

いやーな気分になりたくないとき、ちょっとした時間つぶしに何か軽いものが読みたいときにおすすめの本です。 読んでいるときはそれなりにホロッとしたりもしましたが、深みは全然ありません。 たぶん映画マニアが読んだら「なんだこれは!」と怒りそうな気がします(笑)。

作中でとりあげられている映画があまりにもベタで、映画をあまりよく知らない私でも「え、これだけ?」と思ってしまいました。 さらに、年齢も職業もさまざまな人の文章を著者は書き分けているんだけれど、それがどうも白々しい。 読んでいるときはそれなりに楽しめたけれど、読み終わって少し経つと、なんだかなーという気持ちになってきました。 原田マハって最近本当に驚くほどたくさん小説を書いているけど、文章の味わいとか話の展開の仕方で何かが少し足りない感じ。 しばらく原田マハはお休みしよう。

私の結論、本の帯のキャッチコピーを信じてはいけない。 文春文庫がこれをイチオシって…うーん。 要するに、最近よく売れている本は(私は)読まない方がいいということなのね、きっと。


8.24セミ

虫が嫌いな人、ごめんなさいね。 庭は毎日、蝉時雨。 でも、昔とは蝉の種類が違ってきている気がします。 亜熱帯化して、身近な虫や生き物が変わってきているのかも。


7月までが公私にわたってやたらに忙しかった反動か、8月はむちゃくちゃ暇で、お盆明けに仕事がちょこっとあっただけ。 あとはただただ酷暑に耐えることだけで必死な毎日。 とにかく超高齢者の両親が夏バテしないように、食事の栄養だけは気を配って、あとはすべて手抜きでだらーっとなってしまってます。

がんとバセドウ病でじっとしていた期間がかなり長かったからか、無理はできない身体になっているように感じていて。 暑さが落ち着いたら、また少しずつウォーキングしたり、できれば軽いハイキングしたり(大文字山くらいはときどき登りたいものです)、あるいは軽い筋トレを日常的にやろうと思うけれど、今はとにかく身体が疲れすぎないようにしています。

乳がんの再発予防には運動は推奨されているし、病気をする前から日常的に運動をしていた人、身体を動かすのがもともと好きな人ならいいんでしょうけど。 「身体を動かさなきゃ」と思って焦ること自体が、運動があまり好きでない人間にはストレスになりそうだから、自分が心地いいと思うペースで生活していこうと、自分に対して言い訳したりしてます(笑)。


■いつも拍手をありがとうございます。 西日本はものすごい暑さが続いています。 こんなときは、無理をせずボチボチでいきましょう。 暑さが苦手な私は秋が待ち遠しい!
Category: 原田マハ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する