ツヴィスト刺繍の在庫消化

仕事が来るか来るかと構えて待っていましたが、全然来る気配なし。 「待っている」という状況がイヤで、それならばとミニチュアのクリスマスマーケット屋台を作り、続いてツヴィスト刺繍の在庫消化に着手しました。 毛糸をひたすらチクチク。

フェリシモの旧型キットのセールを春頃にみて、つい「好みの柄が選べるからいいかも」(フェリシモのキットは普通どの柄が来るかわからないシステムなんです)と6つまとめ買いしてしまい…断捨離しているのに、自分にとっては一番捨てにくい手芸キットの在庫増やして、あー、バカバカ!と反省していても仕方ないので、とにかく消化しなくては。

10.11ツヴィスト刺繍リス

今回はリス。 実はキットに入っていた毛糸の色が気に入らなくて、なかなか着手できなかったんです。 右上の小さな写真がキット本来の色見本。 リスのどぎついオレンジ色も背景の濁った色もイヤだ。 そこで、家にある母の膨大な毛糸在庫を引っかき回して、リスと背景の色を変えました。 刺繍用ではなく編み物用の毛糸でも一応なんとか形になりました。 特に茶色の糸はよりが強くて太めだったから不細工だけど、刺し終えることに意義があるので!

10.11ツヴィスト刺繍キット

春にチクチクしていたのと合わせて4枚できました。 ウサギも背景の色を変えればよかったなあ。 こんなにかわいい柄なのに、背景のグレーがどすんと重すぎるな。 在庫はあと2枚…6枚という半端な数で何を作ろうとしているんだ、私は?

10.11ギリシアのクッション

よくみると、このクッションの刺し方ってツヴィストにすごくよく似てる。

10.11ギリシアのクッション2

20代にギリシアを一人旅したときに一目惚れして買ってきたクッションカバー。 当時の私には結構高くてずいぶん迷ったけど、いまも秋冬には毎年愛用しています。

布団を干して、布団カバーや夏用の布団・マットを洗って、クッションや玄関マットを冬物に入れ替えて。 あとは暖かいうちにと、ドロドロに汚れていた換気扇フィルターを掃除したり。 仕事を待っている時間を有効活用中。 がんばりすぎて、今日はお疲れ気味。

■いつも拍手をありがとうございます。 寒暖差が激しくて着るものに迷う毎日。 明日から急に寒くなるとか。 お互いに風邪をひかないように気をつけましょうね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する