FC2ブログ

古代人の発想がすごい! 「中国青銅器の時代」展@泉屋博古館

昨日の泉屋博古館の続きです。

昨日アップした鳥の取っ手がついた器の全体像は

11.9泉屋博古館3

こんな形。 鳥ちゃんのかわいさに対して、脚は驚くほどシャープです。


一番驚いたのは

11.9泉屋博古館

かわいすぎる…。 これって、あの怪獣では…と思ってみていたら、ボランティアの解説員さんが「これってブースカですよね」。 そうそう、ブースカ! 円谷さんはコレをみたんだろうか? よーくみると、頭の上に何か乗ってるし

11.9泉屋博古館2

実は鳥とか蛇らしきものが背中にたてがみみたいに乗っていて、スポットライトがあたっているところには左にゾウ、右にウサギも刻まれています。 動物の愛らしさと、それ以外の呪術的な文様のアンバランスさがなんとも不思議。

このコレクションで最大の名品らしきものはコレ↓

11.9泉屋博古館4

人が虎に食われているのかと思ったら、虎が人を抱っこしているんだそうです。 虎の頭に乗っているのは鹿で、ふたの取っ手ですって。 すごい発想だ。 細部までしげしげ眺めてしまいました。

11.9泉屋博古館5

一番のお気に入りはこの壺。 完璧なフォルム、そして微妙な青緑に変化している色合いにうっとり。

青銅器の展示は思っていたよりずっとたくさんあって、すみずみまでみるには時間が足りませんでした。 最後の最後には、国宝の鏡が何気なーく展示されていて、いやー、さすが住友。 でも、日本のものはやっぱり地味だわー(笑)。

とってもおもしろかったので、機会があったらまた行ってみよう。 木島櫻谷展の半券があると、櫻谷展期間中は入場料が半額になるし。


明日は外仕事だから、今日はそろそろお風呂に入って早めに寝なくては。


■いろいろな記事にたくさんの拍手をありがとうございます。 仕事が忙しいとかいいながら、なんだかんだ楽しんでます。 ただのサボリ?(笑)

Category: 展覧会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する