両親の長寿にビックリ

先日、母が元気に満90歳の誕生日を迎えました。

去年、棒針編みでの編み込み模様がうまくできなくなって母自身がイライラしてしまって(もともとは編み物と刺繍が得意)、いくら編もうとしても2色で模様ができず、やりかけて投げだしてしまいました。 ああ、もう老化してゆるゆると認知症気味になってきたのかもと本人も私もガックリ。

だったのですが、この冬、再チャレンジしたら、初めは苦戦していたものの編めるようになりました。 脳細胞なのか、指先なのか、両方なのか、復活しててビックリ! 余り毛糸を組み合わせて、私が編んだパッチワーク風ブランケットを作ろうと熱中しています。

2.20誕生日祝いの花束

おでかけ好きでも、だんだんでかけるのは疲れるようになって、家でじっとしているとウツウツするようだったので、少しでも家にいて楽しめることができてよかった。 歳をとるほどに何もかもできなくなっていく一方かと思っていたのに(例えば朝起きてから洋服を着るのに小一時間かかる…いったい何をしているのか不明)、持ち直すこともあるんですね。 人間ってすごい。

今日は父の小学校時代の友だちがふらっと遊びに来て、午後ゆっくり父とおしゃべりを楽しんでいかれました。 父は耳がものすごく遠いから、ときどき話がかみ合わないながらも子ども時代の話に花を咲かせていました。 私が家にいてヒマな日でホッ。 父はあと2か月で91歳。 両親が長寿すぎて、私の方が先にくたばるのではないかと心配(本気で)。


今年は母の誕生日に(仕事で疲れ果ててしまって実は1日遅れで)、街中まででかけて花束を作ってもらいました。 なぜか黄色の花がたくさん入荷していたんだけど、黄色は兄が大好きだった色から母にとってはトラウマがありそうで、迷った末に結局今年もピンク系の花にしてもらいました。 すごく微妙な色合いと優しい香りにうっとり。 生の花って、やっぱりステキ! プレゼントといいつつ、自分も愛でてしっかり楽しんでます(笑)。


昨日は仕事の依頼者に「水曜日は絶対に一日仕事できませんから!」と宣言してオフの日にして、近代美術館で「ゴッホ展」みてきました。 忙しさでカサカサになっていた心に滋養がしみこむ感じ。 詳しくはまた後日に。
 
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する