物語世界をふわふわ漂う 大島真寿美「あなたの本当の人生は」

好きな作家か?と問われたら返事に困る…大島真寿美は私にとって不思議な距離感の作家です。 最初に読んだ「戦友の恋」が印象的で、なんとなく時々本屋さんでみかけると買って読んでみるというくらいのお付き合い。

本の帯には「書けなくなった老作家、代わりに書く秘書、書きたい弟子。「書くこと」に囚われた女たち。三人の奇妙な生活の行く末は?」とあったのですが、実際に読んだ感じは違いました。

4.21あなたの本当の人生は

少女小説の伝説の大家である老女ホーリー、書けなくなったホーリーの代わりにエッセイなどを書いている秘書の宇城、編集者に連れられて憧れのホーリーの内弟子となった芽のでない新人作家國崎という三人の女を巡る話ではあるのだけれど。 ホーリーさんが書いた虚構世界と、この小説内での不思議な現実世界の間でふわふわと漂って、話はあっちへこっちへ。 枕元に置いて、寝たり覚めたりしながら読んでいたので、すごく時間がかかりました。

物語がいかにして生まれるのかわからないのと同じくらい、いや、それ以上に、生きるということのわからなさ=自分には本当は何が向いているのか、どう生きれば幸せなのかは曖昧模糊としていて、自分自身にもよくわからないということを描いているのではないかな。 この読み方でいいのか、あまり自信ないけど。


4.3スノーフレーク

大島真寿美は事前にあまりかっちりプロットや結末を決めずに書いているのかな、と思わせるような、どこへ連れて行かれるのかわからないような感覚が独特です。 きっちりした結末がないからずっと読んできて最後にはぐらかされたようでもありながら、安直な決着をつけないところがいいようでもあり。  きちんと起承転結がある小説が好きな人には向きませんが、私はあまり簡単なオチがつけられていると、かえってしらけてしまうタイプなので、終わり方がふわふわ~としているのも、納得がいかないようで案外嫌いじゃありません(ほめてるんだか、けなしているんだか)。

4.15ヴィオラの花束

改めて「戦友の恋」についての自分の感想を見直してみたら、兄を喪う直前に読んでいました。 まだ、自分の足元が崩れて落ちてしまうような底なしの喪失感を知らなかったときに読んだけれど、この人の「喪失感」のとらえ方が他の人とは少し違っているように感じたことを覚えています。

ものすごく平易な言葉で書いていて、ちょっとジュニア小説風にも思えるくらいなんだけれど、この人のテーマは終始一貫して「喪失感」「人が死ぬとはどういうことなのか」なのだと思います。  死の悲しみを乗り越えて前向きにがんばりましょう、みたいな嘘くさいことはいっさい書かない。 そこに作家として、とても真摯な姿勢を感じています。 それが「ものすごく好き」でもないのに、なんとなく大島真寿美を読み続けている理由かも。

小説を読み終わってから、角田光代の解説を読んだら、いろいろストンと納得。 やっぱり角田光代は洞察が深いな。 でも、読み終わってから解説を読まないと、ほとんど意味がわからないんじゃないかな。


読み終わってしばらくしてから、この本が直木賞候補だったことに気づきました。 最後に、誰が書いたのか判然としない、ホーリーさんの「遺作」の物語が書いてあれば、もっと小説として締まったのかも。 「ピエタ」の方が小説として完成度が高かったんじゃないかな。 どうしてこの作品が候補に選ばれたのか、謎。 モヤモヤした感想になってしまいましたが、自分のための備忘録として。


ずいぶん前に書きかけたまま放置していたから、写真のスノーフレークはとっくに終わってしまって、庭では5月初め頃に咲くはずのナニワイバラの蕾がほころんでいます。 でも、かわいいから、そのまま載せておきます。

今日は暑かった! 今年は季節が半月ぐらい早く進んでいる感覚。 カラッとした快晴だったので、母と自分のセーター13枚をせっせと手洗いして、全部スッキリ乾いて気分いいです。 土曜の夜の講座の続きが始まるため、でかける前に晩ご飯を用意したりして、一日中バタバタ。 よく働き、よく学んで、それなりに充実した一日でした。
 
Category: 大島真寿美

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する