桜を探して散歩

今日は快晴で、肌寒かった昨日から一転してポカポカ陽気でした。 日中は
足早に歩くと汗ばむくらい。 あまりにもいいお天気で、近所の桜がどのくらい
咲いたか気になって気になって、花粉症を忘れて散歩してきました。
金曜日のジム通いがなくなってしまったんだから、せめてウォーキングくらい
しないとね。 まずは哲学の道へ。

4.7哲学の道

満開まであと一歩というところ。 平日というのに人出は想像以上にすさまじい。
この写真を撮るあたりでも団体さんが次から次へ…人の切れ目はまったく
ありません。 今出川通は観光バスや観光の自家用車で大渋滞。 あまりの
人の多さと埃っぽさにゲンナリして早々に哲学の道から退散しました。

吉田山の山すそ、静かな住宅街を抜ける神楽岡通をテクテク歩いて真如堂へ。
ここは哲学の道のように桜がたくさんあるわけではありませんが、その分
人も少な目でのんびりしています。 何年か前にJR東海のポスターに紅葉が
登場したために、突如メジャーになってしまった真如堂。 昔よりは人が
増えていますが、紅葉の季節のような混雑はありません。 芽吹いたばかりの
モミジの新緑が初々しくてかわいかった。

4.7真如堂三重塔 4.7カエデの新芽

4.7桜の幹 4.7黒谷さん

さらに「黒谷さん」(写真右下)へ。 3年前くらいまでは完全な穴場でした。
石段に座って、境内の幼稚園の子どもたちが桜の下で遊んでいるのをボーっと
見ていたのに、今年は結構ひとがいました。 カメラを構える人が多いため
石段に座り込むのは迷惑。 ちょっと窮屈になっちゃったのが残念です。
でも、小学生が元気に追っかけっこをしていて、すごく楽しそうでした。

最後は近所の氏神さまへ。

4.7狛犬 4.7お地蔵さん

枝垂れ桜の幼木がいつのまにか立派になっていて驚きました。 裏道を歩くと
お地蔵さんにきれいなお花がお供えしてありました。 かつては花売りの里
だった心がまだ生きている。 ちょっとうれしい風景でした。

Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する