フェアトレードという考え方

ずっと昔から国際的な経済格差のことが気になっていました。 旅好きなのに
アジアへ足が向かないのは、1に、湿度の高い気候が体質に合わないから、
2に辛い料理が体質的にダメで連日エスニック料理だったら楽しめないから、
3に貧困層を見かけたら楽しい気分になれそうもないから。 実際にアジアは
韓国とシンガポールしか知らないので、どの理由も単なる勝手な思いこみ
かもしれません。 なんというか…「日本なら×円もするモノが、ココなら×円!
安~い!」というようなノリがなんとなくイヤなんです。 だって、安く買える
のは、ワタシの力じゃないから。 たまたま経済的に成功した日本という国に
偶然生まれたから享受できてるだけで。

と、面倒くさいことをうじゃうじゃ考えるのが好きなので「フェアトレード」
という言葉に出会ったときは「いい考え方だな」と思いました。 実際には
「焼け石に水」なだけかもしれませんが、そういう考えがあってもいいな、と。
ずいぶん前、百万遍から少し東へ行ったところにできた「シサム工房」は、
そういうフェアトレードのお店です。 ときどき散歩がてら、のぞきにいきます。

4.10インドのブレスレット

わが家のインテリアはエスニックなテイストがまるでないので、もっぱら
眺めるばかりなんですが、なかなかおもしろいモノが集まっていて、ついつい
長居してしまいます。 先日はチャイを買いにいっただけだったのに、インドの
ブレスレットに一目惚れ。 超金欠なワタシにとってはちょっと高い…
下に敷いているインド綿のブラウス(別の店で買ったもの)の倍もする…
とさんざん迷った末に買いました(単なる優柔不断?)。 薄着の季節に
なるのが楽しみ。 欲しいモノがいろいろあって(でもわが家には合わなくて)
ワタシにとってはちょっとキケンなお店です(笑)

今日は一日中雨でした。 明日も雨。 桜はもう散ってしまうかな。
今日もちぎっては捨て…捨て…まだ捨てるモノがどっさり(ため息)。
なのに、また小物を買ってるワタシって…どうなの?
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する