フリマ結果報告(その2)

さて、気になるフリマの収支決算ですが、諸経費は合計5500円。
出店料2700円+振り込み手数料100円
駐車料金(搬入2時間+搬出1時間) 1500円
ペットボトルのお茶 150円×8本=1200円
昼食はおにぎりを用意し、おやつには先日Bさんからもらった茶だんごを
持参。 暑かったけど、餡のように腐る心配がなく、さらに串に刺さって
いて食べやすかった。 Bさん、ありがとう! おいしかったよ。

売り上げが2万2980円だったので、1万7480円のプラスでした。 一緒に
ブースに座ってくれた二人もそれぞれ少しは商品を持ってきていたので、
詳細は知りませんが、ブース全体としては2万円以上になったと思います。
思ったよりもずっとモノがよく売れたので、当初心配したような赤字に
ならず、ホッとしています。 家中から集めた商品のうち、新品の食器セット
など、商品価値のありそうなモノを、事前に叔母や友だちに見てもらって、
気に入ったモノがあれば無料で譲ったのもかなりの量でしたし、そういう
あげた(あるいは「押しつけた」ともいう)モノを、全部フリマに出していたら
4万円近くなったかもしれません。

でもワタシがフリマでしたかったのはお金儲けではなく、「モノがあるべき
場所、そのモノがもっといきるをさがす」ことだったので、周囲の人が
喜んで使ってくれたら、それが一番うれしいこと。 それぞれのモノが、
新しい持ち主に活用されることが大事。 だから、ワタシはこの結果に
とても満足しています。 不要なモノで2万円足らずのお金が懐に入った
とはいっても、事前の準備の手間を思うと、割がいいとは決して言えません。
フリマはおもしろかったけれど、それでは病みつきになるかといったら、
答えはNO! また、やりたいとは思いません。 疲れました…。

フリマで手にしたお金をどう使おうか、ただいま考え中。 フリマを手伝って
いただいた方々にランチやビールで還元し、準備から搬入・搬出などの作業を
全面的にバックアップしてくれた両親にはケーキでも。 予想していたより
儲かったので、その差額は赤十字かどこかに寄付しようかと考えています。
もともと、母は古着を山ほどため込んで「難民に送りたい」と何十年も
言い続けてきたのですから(でも、どこへ送ればいいのか分からないまま、
すべてを納戸に堆積)。 衣類の送料などを考えると、お金で寄付した方が
ずっといいんじゃないかしら?

5.5端午の節句

今日は端午の節句。 兄なんて、もう何十年も見たことがなくて、たぶん
記憶から消えているお節句の飾り。 お雛さまのような歴史も価値も特に
ありませんが、いい感じに古びてきました。 子どもの頃は、親が出かけて
しまうと、白馬にリカちゃんをまたがらせて遊んでいました(笑) ちょうど
ぴったりのサイズだったんですよ。 

一昨日のフリマの疲れが出たのか、今日は一日中ボーっとしていました。
父の冬物セーターの手洗いやご飯作りなど、こまごました家事をしただけ。
ずっと前から出さなくてはいけなかった手紙をようやく書いて投函して、やっと
気が楽になりました。 もっとさっさと書けばいいのに…ダメだなぁ、と反省。

昨日は早朝に出かける母を見送り、庭掃除、フリマのモノの後かたづけ、
ストーブや加湿器をしまう前の手入れ、洗濯&食事の用意のほか、
ネットオークションに初挑戦してみようかと、先日押入から出てきた
リカちゃんハウスとリカちゃんカーを細心の注意で磨き上げるなど、
フル回転で、その反動が今日の「ボ~」になったのかもしれません。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する