グッタリの一日

昨日のサッカー日本代表戦は、あまりにも危惧したとおりの(というより
想像を超える)展開に疲労だけが残りました。 試合後に飲んだビールは
苦かった。 やっぱり試合終了直前の10分が日本にとっての「魔の時」
ですね。 いつも土壇場に弱いのは結局、体力がないからなんでしょうか。
最後の最後で、体力消耗して集中力がとぎれる瞬間があるのですね、きっと。

負けたとしても全力を出し切っての試合だったら、こうもモヤモヤした気分に
ならないのに、チームとしてのまとまりがなくてサッカーをみる楽しさが
なかったのが残念です。 主審も訳わからん判定が多かったし。
日本の1点だって、高原のキーパーチャージでは?(ワタシの目には
高原のファウルに見えるたけど、新聞やニュースでは「柳沢のファウル」
となっていました…ワタシの目がヘン??) 最後まで高原を交代させ
なかったのが一番理解できませんでした。 FWなのにゴールに蹴りこむ
気持ちが弱い! カッコ悪くても何でもいいから、もっとシュートに執着
してほしい。 ゴンちゃんが懐かしいよお。

日本戦のあと、イライラして眠気が吹っ飛び、続きにチェコ×アメリカを
みていましたが、チェコのサッカーと日本のサッカーではまるで違う
スポーツみたいでした。 あのシュート、パス、体のキレ、すべてが
日本とは別次元。 いつか、日本人が世界に通用するサッカーをできる
ようになるのかな。 国民性が闘争的でないから、サッカーに向いていない
のかも。 それならそれで、たいして強くなくてもいいか…
そういえば、京都在住のイギリス人が「日本のサッカーはおもしろい」と
言ってました。 選手だけでなくサポーターもおとなしくて、スタジアムに
殺気がまったく感じられないから、ですって。 イギリスのサポーターは
社会や現実に対する不満をサッカーにぶつけていて「戦争の代わりみたいな
もの」なのだと。 そのイギリス人のお気に入りは地元のパープルサンガ。
平和でいい感じらしい。

韓国もトーゴに攻めこまれていて意外だな。 サンガにいたパク・チソン、
がんばって!

6.13ゴレオくん

テレビの上のW杯マスコット「ゴレオ」くんも、しょんぼり顔に見える。
Category: 日々の記録

コメント

先取点

確かにあれはキーパーチャージでしょう。あのゴールが認められなかったらもっとスッキリ負けられたかもね。

高原も柳沢もダメでしたが中田、中村もダメでしたね。ぜんぜん走れてないし、頼みのパスが不正確では勝てるはずがない。中盤で相手をつぶす気迫もありませんでした。あれだけ練習したはずなのにお互いの意思の疎通もできていない。
直後の試合のチェコの各選手がお互いのやりたい事をまるでテレパスのように感じて走り出すのを見ると、やはり世界との差は大きいと言わざるをえませんね。

韓国、逆転で勝ちましたね。アジア勢やっと1勝。アジアの各国にはがんばってもらわないと。このままだと次回大会のアジアの出場枠が減っちゃう。

2006/06/14 (Wed) 00:00 | piaa #- | URL | 編集
先取点をとると

piaaさん、こんばんは。
確かに、あの1点が入らなかった方がよかったかもしれませんね。 日本はいつも先取点をとると気がゆるんで、試合運びがだれてしまうし。
中村や中田のつまらないパスミスにも、チーム全体の気があっていないことがあらわれていて、そういうのが楽しくないんですね、きっと。
韓国はしっかり勝ち点3をとれましたね。 対戦相手のトーゴは直前に監督のトラブルがあったり、1人退場になっても、最後まで攻めの姿勢を見せていて、負けても「いい試合」してました。 日本も、もっともっと気合いを入れてほしいですよね。

連日のW杯観戦のため、夜更かし続きで日中、仕事に集中できなくなってきました(汗)。 ダメだなあ…まだまだ先は長いのに。

2006/06/14 (Wed) 21:28 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集
世界レベル

はいはい、見てまっせ~サッカー!14日早朝からのブラジルvsクロアチア戦!!スピード感、全プレーヤのアグレッシブな動き、固いディフェンス、確実性あるパス回し、もうどれをとってもこれぞ世界レベルの頂点でした。楽に勝てるとは思っていませんでしたがブラジルがここまで苦戦するとは思ってもみませんでした。今大会の顔とも言えるロナウジーニョも目立つプレイは無かったしドリブルも通らなかった。恐るべしクロアチア軍団でした。二個小鉢(笑)ニコ.コバチが負傷で降りたことで流れは傾きはじめました。しかしブラジルもロナウド、アドリアーノのキレが今イチ悪くなかなか点に結びつかず。これは後半ロビーニョに交代か!と予想通りの展開に!!
やっぱどこのチームも世代交代していると思のです。体当たりパワーというか末っ子パワーというか。案の定流れは変わった。なかなか前線でのプレイが出来ずにいたセレソンが皆同時に動き出した。結果はカカが決めた綺麗なシュート一点で終わったが強豪ブラジルにとっても底力を見せつけられた苦しい展開だったと実感していただろう。この2チームに挑んでいかねばなぬとはなんとも言葉にならずでR。オージーとのしょぼい日本再びは見たくないなぁ~、、私個人的には柳沢の煮え切らない他力本願的なゴール前での意味の無いパス!もう絶対に許せないのでR。選出されたことさえ信じられん、だから久保にしておけば、、、。高原との2トツプ?!ってなんの意味があるんだろう??どっちとも役立たずで終わっているのにクロアチア戦でもまたもやこの2トップで行く気配らしい、、ジーコよどうしちゃったのか??神様ジーコではもはやないのか???

2006/06/15 (Thu) 16:12 | ライカママ #- | URL | 編集
おおっ燃えてますね!

ライカママさん、こんばんは。
そういえば、ライカママさんもサッカー好きでしたね! ストイコビッチに会った話を聞かせてもらった頃は、まだユーゴスラビアという国があったんでしたっけ? あれから、ずいぶん時が経ちましたねえ…歳をとるはずだ(ため息)。

それにしても燃えてますね~。 早朝から早起きして中継をみているのか、宵っ張りしてみているのか?(笑) スゴイですね。 ワタシは早朝の試合までは起きていられなくて。 クロアチア戦はがんばってみるけど。

ジーコは選手としては超一流だったけど、指導者としてはダメだと思う。 「自由に」と言っても、基礎ができてない人には無理なのに…日本人はブラジルとレベルが違うのに…ジーコはわかってない。 その上、メンバーチェンジが的確に決断できないんだから…もうイライラするッ!

日本×オーストラリア戦は大会屈指のホントにしょぼい試合でしたねえ。 トップの2人は闘争心がないのかな。 世間では柳沢が超不評だけど、ワタシは高原にイライラッ! もっと走れッ!

2006/06/15 (Thu) 21:45 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する