上高地の休日(2) 明神池

9.13穂高連山の朝

前日、ほんとうにひさしぶりのキツイ山登りをして、筋肉痛で歩けないのでは
と危惧していたのに、膝のあたりが多少痛いけれど意外に平気。 「曇りのち
雨」という天気予報だったのに、早朝の散歩では雲が流れてときどき穂高の
山稜が見えると、両親もまた歩く気になりました。 山を見るとじっとして
していられないのは、やっぱりこの親の影響なんでしょう(笑)

お天気が悪くなるのは確実なので、この日は平地を明神池まで行くことに。
標準コースタイムは、宿から河童橋まで30分、河童橋から梓川右岸ルートで
明神池まで70分。

9.13明神池へ 9.13明神池へ

道は樹間の平坦な道+木道で、前日のガラガラ道とは違ってスニーカーでも
大丈夫そうです。 ただし、雨が降ると木道などはスニーカーだと滑りやすい
かもしれません。 河童橋から明神池の途中には、上の写真のように水辺に
出られるところもあってきれいです。 しかし、明神池にたどり着かないうちに
突然本降りになってしまいました。 ワタシはゴアテックスのレインスーツを
着込み、父に傘を貸し、母はレインスーツ+傘で完全防備。 河童橋から
明神池までは雨宿りする場所がいっさいなかったので、雨具をもっていって
本当によかったです。

9.13明神池

湖面に霧が這って幻想的な明神池。 驚くほど透明な水は、泳いでいるイワナが
よく見えるほど。 無音の世界。

9.13明神池の鴨

雨は降ったりやんだり。 一之池、二之池までは行けたのですが、その奥は
石がゴロゴロして足元がとても不安定なうえに、雨で滑りやすくなっていたため
行きませんでした(橋が落ちていて三之池へは行けなくなっているそうです)。
明神池の入口(池を見るには入場料300円が必要)横の小屋でベンチに横に
なっていた女性は明神池の畔で滑って転んだとか。 打ち所が悪かったのか
非常に苦しそうでした。 ローカットのトレッキングシューズを履いていても
転んだようです。 これから行かれる方、雨のときは気をつけてくださいね。

帰りは明神橋を渡って梓川左岸コースを歩きました。 河童橋まで60分。
森の中を抜ける林道をただただ歩くだけで、景色はほとんど何も見えず、
単調で全然楽しくない。 林道歩きはもともと大嫌いなので、疲労感いっぱい。
両親は20年ほど前に、この林道を徳沢から横尾あたりまで往復したそうで
さらにゲンナリ。 雨宿りをかねて、河童橋近くの上高地ビジターセンターに
立ち寄ってみました。 咲いている花の名前や山の地形図などがわかって
興味深かったです。 あとは雨の中を、ゴアテックスの性能テストのように
歩くのみ。 宿に温泉があってよかったなあ。

この日はお天気が悪くて、あんまり写真が撮れませんでした。 お口直しに
かわいいお猿をどうぞ。

9.13上高地の猿

無防備な姿を見ていると、思わず手を伸ばして足の裏をコチョコチョしたく
なってしまった(我慢我慢)。 お猿さんにこの無邪気さをずっともっていて
欲しいから、みなさん、餌は絶対にやらないでくださいね。 お願いします。
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する