専業主婦願望?

3人の姪たちがそれぞれに就職や受験など、ある意味では人生の岐路に立つ
年齢を迎えています。 で、プチ・プチ母なワタシは連日、それぞれの話を
電話でじっくり聞いたり、どうアドバイスすればいいのかなど、あれこれ考える
時間が増えています。 一番下の子は、手探りながらも自分が進みたい道が
少しずつみえてきたようで内心ホッ。 あとは受験までの残り少ない日々を
どう過ごすか。 でも、それは本人のやる気しかないので、たぶんこれ以上
何かアドバイスをすることは必要なさそう。

問題なのは真ん中の子。 就職活動をそろそろ始める時期かと思われるのに
まったくやる気がない。 父親(=ワタシの兄)には相変わらず反発して
あんまり会話もないみたいだし、何を考えているのか訊いてみました。
彼女の願いは唯一「専業主婦になること」なんだそうです。 別に、いま
付き合っている人がいて具体的に結婚を意識しているわけではなくて、
ただ「専業主婦なら、働かずに家にいてゴロゴロしていられる」などと
本気で思っている、とんでもない勘違い野郎ッ! 特に家庭的なことが好き
という感じでもない子だし、ひょっとして就職する自信がないんじゃないか、
自分なんてなんのとりえもないから仕事なんてできない…という原因不明の
コンプレックスの裏返しでそういうことを言っているように思えました。

主婦って、たいへんなのに。 きちんとしているのが当たり前、きちんとして
ないと文句を言われる減点方式だから、外で仕事をして得られる達成感は
なかなか味わえないのにね。 砂の城みたいな空しさを感じることだって
あるだろうのにね。 ま、そんなことは20歳過ぎたばかりで知らなくても
いいことなのかもしれないけど。 でもなあ、家でゴロゴロしたいからって
…いいのか、今どきの女子がそんなことで!

9.27日暮れ

今日は爽やかな秋の一日でした。 穏やかな夕暮れを見ながら、ふと
イタリアへ飛んでいってしまった一番上の姪は、下宿で何を作って食べてる
のかな…なんて思ったり。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する