右往左往

こんばんは。 「子どもを産む機械」のくせに、たった1人も産めなかった「不健全」なvogelですが、それがなにか?(「ハケンの品格」の篠原涼子演じる大前春子の口調でお読みください)
すごいことを言いますよねえ。 見識がどうのこうのという以前に、女性を「子ども産む機械」にたとえるなんて…(絶句)。 そんな言葉、普通思い浮かばないでしょう! この国の政治家はアホだと思っていましたが、ここまでアホだとは思いませんでした。 だいたいね、そんなこと言ったらどんな反響があるか、想像できないというだけで信じられないです。 たとえ心の中で思っていても、厚生労働大臣という立場上、バカじゃなければ言わないよね。 …ていうか、大奥のお局さまじゃあるまいし。

子どもって産むだけじゃなくて、その後ず~っと育てるのがものすごくたいへんだということが、あの方は全然おわかりじゃないらしい。 女性が働きながら子どもを安心して育てられる環境を整える、という発想がまったくないのが不思議でしょうがないです。 1人産むたびに報奨金みたいな一時金を払うとか、そういうことじゃなくて、もっと託児所を増やす、大企業には必ず託児所を併設させる、託児所や学童保育は今よりも長い時間子供を預かってくれる(5時までが就業時間なのに、子どもを5時までに迎えに行けるわけがない!)、乳幼児を抱えた女性の残業は基本的に許さない、とか。 いくらでも考えなくてはいけないことって他にあるのに。

2.7夕暮れ

今日はとっても淡い夕暮れ。 もう春になったみたいな暖かさだったし、夕暮れも春っぽい。 まだ2月上旬なのにどうなってるんでしょ。 春といえば憂鬱な花粉が飛び始めていますね。 もう鼻よりも喉の奥がムズムズして目が痒くて、すっかり花粉症。 今年は暖かくて早く飛び始めてるみたいで、2月初旬から予防薬を飲み始めたのでは遅すぎたのかも。

耐震工事2期目に突入する前に、部屋に詰まった荷物を放りだすのがたいへん。 ホコリを吸って花粉症が悪化している気もします。 で、自分の仕事をやろう!と固く決意したのに、なにやら思いがけず仕事が集中して、片付けやら大工さんのお守りやらもあって、右往左往で毎日が終わってしまい、締切を目前にしても仕事が進まず(焦)。 明日も予期せぬ打ち合わせが入ってしまって、時間とられるのがイヤだなあ。 でもなあ…仕事内容がおもしろくなくても、小銭も稼がないとなあ…ブツブツ。
Category: 日々の記録

コメント

「生む機械」発言はバカであきれましたが、
そのあとの政府の対応にはもっとあきれますね。
アベさんは「表現が不適切だった」と述べてますが、
これって要するにこの発言を事実上肯定しているわけですよね。
バカだ。

毎日暖かくて、本当に地球温暖化が心配な今日この頃です。

2007/02/08 (Thu) 12:10 | piaa #- | URL | 編集

■piaaさん
こんばんは。
バカみたいな発言をした大臣をかばうことの根底には、大臣の発言を否定すると、大臣を任命した総理の責任問題を問われることになりそうで、それを避けたいのでしょうね。 でも、かばえばかばうほど、よけいに総理の立場が悪くなると思うんですけど、政治家の思考回路は一般人とかけ離れていて理解不能です。

piaaさんのブログで地球温暖化についての記事を読みました。 米国と中国が積極的に温暖化対策をしないと、ホントにダメですね。 100年後の地球のことを考えると本気で怖いです。
米国の一般市民の感覚は「消費はいいことだ」なので、環境保護に目を向けることがあまりないみたいです。 在米20年近い日本人の友だちは「ゴミなんて捨てればいいじゃない? なんでゴミを減らさなくちゃいけないの?」と真顔で聞いてました。 まるで「パンがないなら、お菓子を食べればいいのに」と言ったマリー・アントワネット並のお気楽さで驚きました。

2007/02/08 (Thu) 22:12 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する