キノコぞろぞろ

九州は大雨のようですが、このあたりはあまり梅雨らしくありません。 昨夜はたっぷり降ったけれど、朝にはやんでいたし。 一日中雨に降りこめられる、という日はほとんどありません。 むしむししてやりきれない気分になるものの、京都にしたらまだマシな方です。 目先の締切をひとつクリアしたこと+寝不足+ジム=昨夜はひさびさにぐっすり深く眠れました。 やっぱり運動って必要ですねえ。 そろそろ水着を買ってプールにも入ってみようかな。 もう何年泳いでいないのか覚えていないくらいだから、水着もキャップもゴーグルも買わなくてはいけない。 ジム用のパンツもすっかりボロになっちゃったしな…どっちを買うべきか。 高校時代、水泳部で来る日も来る日も泳いでいたプールの跡地にできたジムに通っているワタシ。 行動半径、狭すぎでしょうか?

7.3キノコ1 7.3キノコ2

7.3キノコ3 7.3キノコ4

たっぷりの雨の後は、庭がキノコ栽培場と化します。 昨年みつけた「キツネノハナガサ」みたいにキレイなのはあんまり生えず、背筋がゾッとするようなキノコが出てきたりします。 写真のはシメジ風、椎茸風、毒キノコ風など、まだカワイイのばかりです。 菌類なのか、蛍光塗料のような真っ黄色の、自然のものとはとても思えない色のワケのわかんない未確認物体がある日突然ベタッと両手分くらいの大きさに広がっていて、それは直視するのが怖いくらいでした。 気持ち悪すぎて写真を撮る気にもなれない。 母が遠くから長い棒きれでこそげとって捨てましたが…アレはいったい何だったんだろう?

7.3露草\\

お口直しに、雨粒をつけた露草。 蒸し暑い季節は青い花にひかれます。

ほんとうにひさしぶりに街中へ出たら、河原町商店街のアーケードにもデパートにも祇園囃子のコンチキチンが流れていました。 祇園祭ももうすぐなんだなあ…独特のちょっともの悲しい旋律はテープで流れていても、やっぱり好き。 普通はテープでエンドレスで流れてるBGMって、耳障りだったりするんだけど、祇園囃子なら「それもよし」と思えます。 もしかしたら山鉾を見ることよりも祇園囃子を聞くことで、ワタシは「祇園祭だ!」と実感しているのかもしれません。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する