知的好奇心まっしぐら サイモン・シン「暗号解読」

難題に挑む数学者の姿を歴史群像として描いたノンフィクション、サイモン・シンの「フェルマーの最終定理」に感動したワタシは、同じ著者の「暗号解読」が文庫化されているのをみつけて早速購入しました。 数学が並外れて苦手なくせに、こんな本に手をだして大丈夫かな…という一抹の不安が。

9.14暗号解読

読むのにやたらと時間がかかりました。 正直、完璧文系のワタシにはちょっとむずかしかったです。 アタマ悪い人間の感想なので、あまり参考にならないと思いますけど(汗)。

この本で語られるのは、暗号を作る人間と解読しようとする人間の、スリリングな知の対決。 暗号にまったく興味がなかったので知りませんでしたが、暗号は常に軍事機密に関わる分野であったため、暗号制作者と解読者の活躍はほとんどが歴史の闇に葬られてしまっているのですね。 スポットライトを浴びない数学者たちの姿を丹念に愛情を持って書いているサイモン・シンの姿勢は、「フェルマーの最終定理」のときと同様、読んでいて心地いいです。 歴史を追いながら、さまざまな暗号のシステムをわかりやすく(普通の人にとっては…たぶん)解説しています。 暗号に多少なりとも興味がある人なら、すごく楽しめると思いますよ。 インターネットの決済画面などで「暗号化されていて安全です」とメッセージが出るたび、「どういう風になっているのか?」と気になっていた謎も一応(ワタシなりに)理解できました。 でも、素因数分解で大丈夫なのかなあ、パソコンの性能が上がってるのに…あんまり安心できないなあ。

ただ、暗号解読の技術で古代の文字を解読する部分は非常に興味深いのですが、この方面のことにページを割いたことで、人知れず懸命に暗号に取り組んでいた数学者の姿を追うという本の構成が少し薄まってしまったように感じました。 たった1つの定理だけに絞った「フェルマーの最終定理」の方が、素人にはスリリングで感動的な構成になっていた気がします。 あれこれ多方面に目を向けた内容であったために、怒濤の一気読みにならなかったのかも。 とはいいつつ、金塊を隠したとされる未解読の「ビール暗号」のエピソードには興味津々(笑)。 アレって、ほんとうに金塊を隠したんでしょうかねえ。 いつか「解読できた」というニュースを聞きたいものです。

読後に父に貸したら「え~、こんなの文系の人間にわかるのか? むずかしそう…」とすぐには読み出しません。 理数系の人間でも、本気で理解しながら読もうとするとかなり気合いがいるようです。

サイモン・シンを初めて読むなら、やっぱり「フェルマーの最終定理」がおすすめです。

■Tさん、気分を変えようと壁紙を替えてみました、ブログタイトルに合ってるかなと思って。 映画「リトル・ミス・サンシャイン」は、家族って煩わしいようで、やっぱりいいなあ…と、観た後ほのぼのしますよ。 ブログ拍手についてはいまだにわかっていないんですが、確かにオープンなままコメントを書くと、次に拍手した人にはコメントが全部見えるんですね。 知りませんでした(汗)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する