ひと仕事終了

土曜の夜は仕事をなんとかやりくりして、友だちを誘ってAricoさんのライブへ。 静かな音楽が古い町家の空間を満たしてステキな時間でした。 音楽のことはからきしわからないワタシなんですが、Aricoさんがピアノを慈しんでいる気持ちが伝わってきてジンとしました。 立派なグランドピアノではないけれど、人の想いがこもっているピアノをとても愛してられるんだなあ、そういう演奏家に奏でられるピアノも幸せだろうな、と。 町家オーナーである友だちの亡くなったお母さまのこと、隣で一緒に聴いている友だちの亡くなったご両親のことが(お会いしたことないのに)胸をよぎったりしました。

しかし、そんな優雅なひとときの前後は、ちっとも優雅でない仕事にがっちり拘束されていて。 リライト(資料を見て書くこと)は苦手&嫌いなので日頃なるべく避けているのですが、事情があってひさびさに引き受けました。 心頭滅却すればリライトもまた楽し…とはいきませんが、生活のためにはこういう仕事もしなくてはいけないのですよ。 仕事に貴賤はありません。 はあ~、なんとか終わりました。 で、プシューと夜更けに発泡酒(たまたまもらいものが転がっていたので)。 仕事が終わっての一杯は発泡酒でもおいしく感じますねえ(笑)。 でもなあ…細々とリライトしたお店で食事をすることは一生ないんだろうなあ…と思うとむなしい。 この仕事では高級店での夕食にも手が届かなさそうだし(ため息)。 あ、でもね、以前にちゃんと一度は取材はしてるんですよ(ワタシじゃない人が)。 一応、念のため。

11.18柿の実

柿の実がたわわに実っています。 でも、鳥ちゃんたちの食べ頃まではもう一歩らしいです。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する